ユダヤ人を救え!―デンマークからスウェーデンへ

制作 : Emmy E. Werner  池田 年穂 
  • 水声社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891768065

作品紹介・あらすじ

第二次世界大戦の、ナチ占領下で国内のほとんどすべてのユダヤ人をスウェーデンに逃亡させた、デンマーク国民の勇気ある決断と行動。生きのびたユダヤ人たちへのインタビュー、彼らの手紙や体験記等々を縦横に駆使して、生き生きと描くその救助劇の全貌。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第二次大戦のデンマークと云えばドイツに速攻降伏のイメージだったが、覆されました

  • 回送先:府中市立中央図書館

    第二次大戦下、デンマークにいたユダヤ人の多くが隣国スウェーデンに逃れることができたという話はヨーロッパではよく知られている(すでにハンナ・アーレントは『イェルサレムのアイヒマン』において紹介している)。本書はその「移送」を立脚的にとらえようとした部分がある。

    アーレントは、この逃避行を個人の責任において行ったこととしている。本書もまたアーレントの系譜を引き継いでおり、正義とかそういった安物の価値で回収されていない。言わんとしていることは理解できるし、それによって人々がどのような行動をとるのかということに主軸を置いているという点では、あるところでは「ブレがない」内容になっている。

    しかしながら、ホロコーストに関係する書籍のなかでは本書はあくまでもその問題についての言及を避けている。無理もない話で、これはあくまでもデンマークでの事例だからであり、全ヨーロッパ的な話に拡大解釈するのはどう考えても無理なことであるからだ。奥の書籍は無理を無理と表明できないところにある。それこそまさにアーレントの指摘した揶揄をいまだに引きずっていることの名残であり、本書との間でひかれる線引きでもある。

    自由と同時に考えるは思考であり、その思考を豊かなものにするための糸口になるのかもしれない。

  • デンマークの国民は第二次大戦の歴史において、道徳的勇気の発露と言える自発的な行動によって自国のユダヤ人が根絶されそうなところを救助した。
    デンマークでは田舎の子供たちもドイツ兵を無視する術を身につけていた。そしてユーモアも忘れなかった。すごいな。デンマーク人は強いな。
    ユダヤ人に対する迫害がはじまったときデンマーク警察隊は地下活動組織と手を結んだ。国としてナチスに抵抗していたのだ。
    エーレ海峡を渡ってスエーデンのマルメに逃した。あのマルメだ。コペンハーゲンから電車でいけるところ。
    スエーデンの漁師たちも、スエーデンにようこそ!と言って出迎えてくれた。
    スエーデンは中立だった西欧世界から孤立していた。
    スエーデンもナチスに怒りを感じていた。どんな時もユーモアを忘れずに正義のために普通の生活の中で戦えるデンマーク人はすごい。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする