コンテンツ批評に未来はあるか

著者 :
  • 水声社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891768829

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コンテンツ批評の未来に関する記述がほとんど見られないような…

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

はとおか・けいた
明治大学准教授。
千葉大学卒、慶應義塾大学大学院後期博士課程修了。
博士(文学)。ネヴァダ大学リノ校の客員研究員を経て現職。
主著に、
『ラノベのなかの現代日本』(講談社現代新書、2013年)、
文学評論『ロケットの正午を待っている』(港の人、2016年)。
『ピンチョンの動物園』(水声社、2011年)、
『コンテンツ批評に未来はあるか』(水声社、2011年)、
『動物とは「誰」か?』(水声社、2012年)、
『アメリカ文学入門』(共著、三修社・2013年)ほか。

波戸岡景太の作品

ツイートする