平田オリザの仕事〈1〉現代口語演劇のために

著者 :
  • 晩聲社
3.47
  • (3)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891882457

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 残念ながら今の自分には分からない。演劇のあり様、演劇に関する平田オリザの哲学を抽象化して自分に取り込むことができなかった。一度距離をおいて、また興味がわいたら再読したい。置き場所がないので一度処分するが。

  • 平田さんの演劇観と、現代口語演劇についてこれ一冊でよく分かります。

  • 1995年に書かれた、ということが興味深いです。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1962年東京生まれ。大学在学中に劇団「青年団」結成。戯曲と演出を担当。現在は大阪大学CO・デザインセンター特任教授。戯曲の代表作に『東京ノート』、著書に『演技と演出』『下り坂をそろそろと下る』ほか多数。

「2017年 『下山の時代を生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平田オリザの作品

平田オリザの仕事〈1〉現代口語演劇のためにに関連するまとめ

平田オリザの仕事〈1〉現代口語演劇のためにを本棚に登録しているひと

ツイートする