人生ノート

著者 :
  • Parco
3.64
  • (93)
  • (91)
  • (201)
  • (10)
  • (6)
本棚登録 : 794
レビュー : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891945695

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私が求めていた記述が見つかったのでメモ。
    淀川長治さんのように哲学をもってポジティブに語れればよいのですが、悩みのるつぼの金子勝さんのようにエピソードと絡めて読み解くということを実験的に行っています。

    というわけで、少々辛口目になりますが、エピソードをば。

    私がかつて知り合った中に、小学校5年のときに父親が蒸発してしまい、以来母子家庭でしかもパチスロ中毒者の母親と生活保護暮らしという、劣悪な環境に身を置く粗野な人がいました。
    名前は川渕麗渚(仮名)。北海道豊平区在住。夜間高校に通っていたその人は、毎日納豆飯とカップラーメンで凌ぐ貧しい暮らしを忘れるため「つまらない人生を楽しく」と刺激を求めてスマホを片手にSNS依存して生きていましたが、ある時「幸せになれない」と自覚し始めたようです。

    実は不幸な出来事があり、その人と出会って以来感じていた「貧困のせいでは」という直感が当たったことを、美輪さんはその出来事を見ていたかのように、この本は教えてくれたのです。
    ある時、その人はさんざん人を攻撃しておきながら「じゅうぶんすぎるくらい、人から好かれないんだってわかった。幸せになれないんだってわかったの」といけしゃあしゃあとメールで泣きついてきたのです。

    p50-52
    「本人たちはナウぶって、若ぶっているつもりでしょうが、まるでただのバカとしか思えません。敬語も女性用語も使い分ける頭がないのです。そして学ぶつもりもないのです。それでどうにか用は足せるし、男の子にも不自由しないからだそうです。
    しかし、その男の子の方が問題です。思春期の男の子なんてものはただただ、セックスする相手が欲しくてたまらないだけで、女なら誰でもいいのです。
    頭の中や顔はどうでもいいのです。まあかわいいに越したことはないでしょうけど、そんなことより簡単にセックスさせてくれる、乳房と女性器さえあれば誰でも何でもいいのです。それを女の子の方は、自分自身が愛されてるんだと思い込むから悲劇が起きるのです。
    男の子は性欲を満足させるまでは、女の子をちやほや大事にするけれど、セックスに飽きてくると今度はそろそろ女の子の頭の中や心が気になってくるのです。性欲でのぼせ上がっていた頭が冷えてくるからです。
    そうしてやっと見えるようになった男の子の幼い眼に映るのは、ファッションだけは一人前に着ている蛮族の若いメスなのです。そして、そのお洒落した動物は、自分と同じ男の言葉をガサツな調子で喋るのです。
    (中略)
    男の子は、ああよかったとばかりに逃げ出しました。女の子は、なぜ捨てられたのかわかりません。」

    ネットで気を大きくした川渕は、思い上がるも、自己中心的に振る舞ったツケで現実では使い捨てにされたのです。そして身から出た錆として、今度は自らがリンチに遭い、高校を中退することになりました。

    当然でしょう。見も心も『蛮族の若いメス』なのですから、これっぽっちも価値がありません。顔はブスで、口は汚く、最低限の教養もなく、品性下劣のバカなのですから。
    しかし、当の本人はそんなこともお構い無しにけろっと立ち直りを見せました。こちらに一言たりとも詫びることなく、異常に自己愛の強い川渕は、自分のやったことを棚上げにして誹謗中傷を繰り返します。

    異常に性欲の強いその人は、またしても奔放な性生活をおっ広げているのでしょう。卑しい動物以下の生態です。

    p168-169
    「その反面、若いということを自慢する人たちもいます。芸能界でも、まだ二十歳を越したばかりのタレントを評して、十五か十六くらいのタレントが、"オジン"だとか"オバン"だとかいって、軽蔑して勝ち誇ったような顔をしています。まるで鬼の首を取ったように。
    (中略)
    事実、そう言って若さを自慢して先輩をけなして若ぶっていたタレントが、何年か経て偶然あった時、見るも無残なダダ老けの中年になっている哀れな姿を見たことが、今までに何度もあります。
    そんなに若いのが偉いのであれば、この世でいちばん赤ん坊が偉いのであります。
    しかし若いということをどうしてそんなに自慢顔するのでしょう。まるで自分の才能か、努力した結果、手に入れた功績ででもあるかのように。
    自分の力で勝ち取ったわけでもない、ただの自然現象、天然現象にしかすぎないのに。他にも自慢するものが自分には何もないから、自然現象の力をまるで自分の力のように見せかけて、そうするのでしょうか。
    特別に秀でた才能とか、頭が良いとか、努力家だとか、その他、人間として内面的に誇れるものの持ち合わせがないので、きっと若さだけを自慢するのでしょう。若さだけが頼りなのでしょう。」

    いぜん川渕は、長電話をかけてきて、失恋話を聞かせてきました。
    高校中退した後勤めだした職場の上司(44歳のオヤジ)に片思いしているのだが、その上司は母親と懇ろで、敵視されていて、恋が実らないとヒステリーを起こしてました。
    そのひと月後、カケホプランにしてなかったらしく、電話代が9,000円請求がきたそうで、その一部を負担するよう言ってきました。
    しかし私は入院していたため返答ができなかったところ、川渕は無視されたと逆上してTwitterに誹謗中傷の書き込みをしていました。カネを負担しなかったからという理由で貧乏呼ばわりすらしていました。
    さんざん私を見下し都合のいいやつとみなしていたのです。

    ちなみにこの引用箇所をメールしたところ、とつぜん発狂してきました。電話をかけてきたので出るとびーびー泣いていました。弱っちいカスだからこそ、下劣なマネができるのです。みなさん、反面教師にしましょう。

    美輪さんの言葉にこういうものがあります。
    まるで、彼女のような人へ贈った言葉のようです。
    「自分に思いやりが足りない人は、相手に思いやりを求める。こういう人は、誰からも思いやりを得られません」

    乞食のようにうまい汁を吸うことだけ考え、平気を他人を利用し傷つけられる良心の欠如した脳みそしか持ち合わせない彼女にピッタリの言葉だと思います(当人には理解できないかもしれませんが)

    思えば、ほぼ同時期に似たような人と私は出会っています。共通点は、学なし、ビンボー、自己中、DVなどなどピッタリ当てはまります。

    ここでいう思いやりとは、自らを高める努力のことを言うのでしょう。
    著者は「文化資本がないから」不幸は訪れるのだと言います。
    文化資本がないから頭の中の思想は貧弱になり、家系は貧相になるのです。ですから、貧困は連鎖する。
    彼女は、パチスロ中毒者の母親を持つ労働者階級の生まれのジャンキーなのですからハイカルチャーとは無縁の俗物なのですが、川渕のような人たちがこの道理に気づき、修正できるかで、社会の格差は自らの手で是正できるのでは。そう思わせてくれました。

    (不注意で消してしまったので修正して再投稿しました。)

  • 生きてゆくのが楽になるキーポイントが美輪さん流に
    解かれている。

    美輪さんだからタブーなことも言えてしまうのだろう。
    神がかり的な方ですね。

    懐古にモノをとらえているところはちょっと同感できませんでしたが。

  • 美輪さんのことは、どういう人なのか今までよくわからなかったが、成る程こんなことを考えている人なのかと思った。オウム心理教のことを、言葉はちがうがとにかく施設も麻原も品がなく貧乏臭いと言っていて洋服や建物や雰囲気を変えたらもしかしたら信者はもっともっと拡大していたかもと書いてあったが、美輪さんが教祖の美輪教とかあったら美しいし、どんどん広がりそうだなと思った。何事も何人も貧乏臭くてとんちきなのは嫌だ、というところは同意。

  • 要点まとめ

    ・頭はクール心はあたたかく。いつも点検する習慣をつけること。
    ・朝顔洗ったあと、寝ジワを伸ばす。
    ・背骨を縮ませないようにする習慣。腰をスッと上に伸ばして、ぼんのくぼをギュッと
     上へまっすぐに引っ張り上げるとお腹がへこむ。
    ・両足を肩幅ぐらいに開いて、両腕はボールはさめるぐらいに脇から軽く離す、
     背骨から頭の先までまっすぐにし、鼻からゆっくり空気を吸って口からすこしずつ息をはく。
     眼球はまっすぐ。真っ赤なドロドロの太陽を描き、かかとのほうから意識で吸い上げていき、
     鼻から息をする。足の裏から膝、お尻、腰、背中、首のうしろ、頭のてっぺんまで
     吸い上げストップし、充満させてから口か鼻から息を薄く吐き、おろしていき最後はつま先から出す。
    ・頭が大地に近いほどマイナス思考になる。
    ・人間の体は肉体と精神でできている。肉体だけが栄養が行き届いて、精神のほうは栄養失調。
     精神のビタミン剤は文化。
    ・よい香りは悪霊を払う。
    ・いい本を読んで質のいい音楽を聴く。いい文化をふだんから仕入れていると
     その人となりがそのまま出てくる。
    ・人間保護色論 その人となりということ
    ・賭けごとで家を建てられた人はいない。

  • これは口述筆記?

  • 美輪明宏さん。

    あなたの毒舌さ。
    この世に対するストレートな感情。
    昭和の時代には人間であるべき最も大切なことを
    教えてくれる本です。

    勉強になります。

  • 自分の好きなもの、良いと思われることをひたすら褒め、逆のものは悪く言ってるように思えてしまったのは、私がゆがんでいるからなのだろうか。中にはハっとする文章もあったが、この前までついったーにあった美輪さまbotが1日1回つぶやいてくれる名言のようなものはあまり見当たらず残念。何はともあれ日々美しく過ごしていきたいもんです。

  • 流石の美輪さん、一体人生何周目なのかという本。そこそこスピリチュアルで振り切った表現も出て来るものの、美輪さんの言葉選びの美しさとセンスが実に読んでいて心地良い。また、莫大な量の知識に恐ろしさしか感じない。これだけ世界の動向を一歩引いて客観視出来る美輪さんの、腐りゆく世界についての救いの一手は「文化である」と言い切ることが自分にとってすごく嬉しかった。政治や社会についても多くの批判とこうあるべきという指南が書かれているが、当事者でもないが著名な人間がこういった書籍を出版することで人々の意識は少しずつ変わっていくものだよなとしみじみ感じた。

  • 美輪さんがまだ若いときの本ということもあり、まだ毒気に当てられた感じで刺激が強すぎた。少しずつ理解してゆきたい。

  • 【2015年交換会】三輪さんの含蓄のある言葉がちりばめられています。Marpleさんからいただきました。ありがとうございます。

  • 美輪明宏様のありがたいお言葉の数々
    毎日を感謝して奢らず謙虚に
    美を意識しながら生きていこうと思える
    人生は正負の法則で成り立っているのだということ塞翁が馬です
    日々一喜一憂せず生きていこうとおもいました。地に足をつけながら

  • 一般常識だけにとらわれず本当の言葉を発している気がします。

    人生はプラスマイナイ0。フト水戸黄門の歌が頭に浮かぶ。

  • 〈本から〉
    人間保護色論
    その人の住んでる家のインテリアとか、身のまわりに
    置いて、しょっちゅう使っている小物とか読んでいる
    本とか、しゃべっている話の内容とか聞いている音楽、
    それが全部そのまま出ているんです。それがそのまま
    見えない膜になって、その人を包んでいる。見えない
    十二単のように包んで、その人を囲んでるんです。

    アール・デコ以前に戻ればいいと思うんです。
    美術も文学も、すべてです。

    「でも」「しかし」は女の切り札
    男の出発点は劣等感です。

    こだわらない、死にはしない

    命まで持っていかれやしない

    こだわりは諸悪の根源

    死んだときに泣いてもらえる人に

    フランスの大歌手エディット・ピアフ

    人間、みなまさかの色

    人間はほんとうに孤独なものです。自分のよき
    理解者は自分だけなのです。

    給料とは、がまん料のことです。よく、働いたから
    という理由で報酬をもらうというふうに思っています。
    これはまちがいです。イヤなこと、つらいこと、
    苦しいことをがまんしたことに対して支払われる
    のが給料なのです。不幸・不満もがまん料に入って
    いるのです。

    恐怖感というのは、必要ない感情なんです。

    地球上のあらゆる物質は波動を出していますからね、
    その波動によって、こっちの波動が磁気嵐にあったり、
    波動が狂ったりします。ただそれだけの話なんです。
    そういったときに、波動は自分自身で調整すると
    いいんです。

    人にあげれば、パワーはもっと湧いてくる

    想念を清く美しいものにしよう

  • 図書館にて。鋭い人だと改めて感じました。

  • 改めて、美輪さんはあらゆるジャンルに造形の深い方だと尊敬。美輪さんに、しゅんしゅんと、人生について諭されているかのように読み進められる本です。

  • 母から借りました。美意識のところと、父親の居場所を家庭に作る、のところがとても良かったです。
    悩んだ時に読むと、新たな行動のヒントになっています。

  • 20歳頃の私をとても励ましてくれた1冊。
    愛と厳しさ両方のメッセージが、自分を見つめるクセをつけてくれました。

  • 美意識!

  • 人生はプラス・マイナス・ゼロ。

    美輪明宏1998年の著作。世の中の事件や出来事に対し、テレビや新聞、雑誌が的外れな論評をしていることに批判。原因を掘り下げて、多角的な視点で世の中を見据えている。日常生活の心がけ。結婚とは。子供の教育・親の教育。会社という怪物との付き合い方。情報に踊らされない見識。マスコミの正体はオオカミ少年。固定観念を捨てる。美意識とほんもの志向。人生はプラス・マイナス・ゼロ。

    (追加)

    結婚は一生かかる一大難事業。夢のようなバラ色の生活はTVの見過ぎ。ハネムーンまでの1週間は結婚祭り。祭が終わってからが本物の結婚。20年以上異なる家風、家庭環境、教育、料理・服装・趣味の好みが全く違う二人の他人同士が一つ屋根の下で暮らすのだから、はじめからうまくいかなくて当たり前。血の繋がった兄弟でさえ心の中はまったく別。まして他人であればなおのこと。

    離婚の原因はたいてい性格の不一致だが、もともと性格が一致するほうが気味悪い。いかに違っている部分をどこまで妥協していける努力をするのが結婚。結婚は努力と忍耐、精神的葛藤以外の何物でもない。結婚には覚悟が必要。

    結婚イコール健全ではない。既婚者イコール人格者ではない。また、結婚だけが人生じゃない。

    男は弱くて神経質。女は粗野で強い。

    子供を持って幸せか?楽しませてもらったのは20歳になるまでの20年間ぐらい。あとはよその人になる。

    人間は必ず一人になる。老後は孤独。

  • 15年くらい前のエッセイなので、価値観が少し違ったりするけれど、美意識などなど美輪さんならではのブレない価値観もたくさん。
    あと感心したのが、15年も前にこんなモダーンなフォントや装丁を選んでいた事。今でこそたくさんあるけど、当時は珍しかったんじゃないかな。

  • これは、必要かな?ちょっと悩んでます!という時に、
    そっと,ページをめくって読んでみると参考になります。

  • 出版された当時結構話題になったのを覚えている。今初めて読んだけど、なんか的外れなことも。江原さんや西原さんの本のほうが、面白いしためになる。

  • あんまり心に刺さらなかった。
    「○○だ」とか言い切られる文章が苦手だろうか。

    同意できることも、なるほどと思うことも多かったけど、
    「そうですかぁ?」と思うこともしばしば。

    宗教っぽくもあるし。
    まぁ、三輪様のそれはわかっているからいいのですけど。

    人の体など素粒子の塊だというところは、まったく同感です。

    いい言葉もたくさんあったと思う。ただあまり刺さらなかっただけ。
    出版からちょっと経ってるも原因かと思います。

    読めてよかったです。
    ありがとうございました。

    (H24.9 自)

  • 納得するものもあるし、同意できないところもある。
    少し古いと思うところがあるのは、出版からだいぶ経っているからでしょうか。

    いい言葉だと思ったものを心にとめておきたいと思います。

  • 美輪様・・・。
    昭和の香りが似合う方。
    美徳・モラル・耽美学。

    参考になる項はたくさんある。
    語られている事も解ります。
    解りますが・・・

    ほとんど「バイブル」かな、と思う。
    心が弱くなった時は読み返してみたい本。

  • 2012.6 市立図書館

    美意識。言葉は文化。
    人間保護色論。「その人となり」が出る。身の回りに品のいい、きれいな物を置く。
    「常識」と「真理」は違う。
    「信仰」と「宗教」は違う。自分を救うのは自分。
    人にあげればパワーはもっと湧いてくる。

    ・夜、横になってから考え事をしない。(大地に近いほどマイナス志向になる)

    ・父親の居場所を作る。(きちんとした座布団を用意しようっと)
    ・家事はしてあげるもの。だけではない。自分の為にしてるものでもある。

  • 北浜の古書カフェ「FOLK」で購入。

    これ、初めて読んだのは地元の図書館で大学生の頃か、
    もしくは新卒で入った会社を辞めての無職時代か、
    どちらか忘れてしまったけど、いずれにしてもその頃
    「とても影響を受けた本」のひとつ。

    まさか十数年経って、我が家にやってくるとは!

    その十数年前、どこに影響を受けたのか?
    読み返してみました。

    おそらく
    p.111~「結婚して何十年・・・という錯覚」
    p.113~「子供をもって幸せになる・・・という錯覚」
    p.115~「人間は一人で産まれ一人で死ぬ」
    あたりだったような気がします。

    なんでうろ覚えなんだろうか?
    そこでうろ覚えな自分は、ある意味
    「結婚して子どもをもって幸せ」なのかもね。

    とにかく十数年前は、このあたりのページを読んで
    「結婚して子どもが居る、イコール幸せじゃないんだ!
     自分の人生は自分で生きないと!
     自分で何でも決めて実行しないと!」
    みたなことを決心させてくれたページだと思います。

    今、読み返してみるとまた違うところにドキッ!とさせられます。
    さすが美輪明宏氏、おいくつになられてもその時々が魅力的な人が
    書く本は、何年経っても人を魅了するのね。

  • 美輪明宏さんのキャラクターってなんか不思議ですよね。なんとなく私の中では丹波哲郎さんと同じククリって感じです。
    内容としては、共感できることも多々あり、状況によって難しいこともあり、そういう意味では普通でした。

    http://mugenkazuki.at.webry.info/200910/article_3.html

  • 所々?な所があるが、ほぼ共感できる。
    変な自己啓発本より分かりやすい。言っていることは厳しいが、今の世の中、他人に対して怒る人がいない中、美輪サンは貴重な存在。

  • ■人間保護色論

    書籍「人生ノート」(美輪明宏著)から。
    彼は「カメレオンやヒラメとかは、
    住んでいる場所によって色を変えるけれど、
    人間だって、住んでる環境によって色?が変わる」と言う。
    それを端的に表現した単語が「人間保護色論」である。
    育った環境や職場によって、その周辺の方々の考え方や
    雰囲気に影響されてしまう、ということだろう。
    カメレオンやヒラメは、肌の色が変わるけれど、
    人間は行動や心が変わる、という考え方かもしれない。
    周りの色に同化しないことが良い、とは言い切れないが、
    それだけ、人間は独自のカラーを持ちにくいのかもしれない。
    逆に、せっかく「保護色」になれる動物なのだから、
    出来ることなら、美しい色に肌を変えたいものだと思う。
    そのためには、自分を素敵な環境におくこと。
    待っているのではなく、自分から「保護色」を選んで欲しい。

全111件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

美輪 明宏(みわ あきひろ)
1935年、長崎県長崎市生まれの歌手、俳優、演出家。本名「丸山明宏(まるやま あきひろ)」で活動していた時期がある。10歳のとき、長崎市本石灰町(爆心地から南東へ約3.9キロ)の自宅で被爆した体験がある。終戦後、加賀美一郎のボーイソプラノの影響から声楽とピアノのレッスンを受け始め、上京。シャンソン喫茶「銀巴里」の張り紙を見て専属契約を交わし、歌手デビュー。以降多くの著名文化人との交友を経て、同性愛者への偏見や原爆後遺症に抗いながら、歌手・俳優として活躍を続けてきた。
著作も数多く、数十年読まれ続ける『紫の履歴書』、50万部を超えるベストセラー『人生ノート』などが代表作。

美輪明宏の作品

人生ノートを本棚に登録しているひと

ツイートする