日記書いてる場合じゃねえよ

著者 :
  • PARCO出版
3.21
  • (16)
  • (22)
  • (132)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 300
レビュー : 34
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891946234

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白いです。所々、イラストも載っています。

  • 暇な時にぱらぱら見るのにはいいかも。時々でてくる少女漫画ネタや、漫画家との交流の話が楽しい。安野モヨコは普通のストーリー漫画よりオチビサンとかロンパースが好きなので、カラー絵まとめは要らないかな。購買層が安野モヨコのファンしか想定されないところが不安だけど、まあそういう本なんだろう。

  • 本当に「日記書いてる場合じゃねえよ」な日々のエッセイ。
    中学生くらいに買って未だに時々読みます。
    この中で安野さんが読んでる漫画はぜんぶ読みたくなる。
    わー!っと詰まった安野さんの日常を寝る前にちまちま読んでます。

  • 図書館にて。
    イラスト満載で楽しかった。
    日記はあんまり読んでない(笑)

  • ちょっと読みにくかったけど、まあ日記ですしね。。仕事の様子などが垣間見れたのはおもしろかったです。

  • 日記+イラストが掲載されているのだけれども、イラストと一緒に書かれている彼女内の当時のトレンドとか注力した点とかが為になった。

  • 2009/6/4購入

  • 10年前の安野さんの日記&イラスト。
    『美人画報』シリーズが好きなんだけど
    漫画は読んだことナシ…

    安野さんの書くジョシたちはかわいいね♪

  • だれかの日常を覗けるって好きです♪
    多忙なマンガさん、でもすっごくお洒落なモヨコさんの毎日、すごかったです!
    ラブに生きている!

  • 何が凄いって、あれだけの仕事をこなしておいて、それでいてなお行動する彼女のバイタリティですよ!しかもこの日記も「日記書いてる場合じゃねえよ」といいつつも書き溜めたからこそ本になった訳で・・・・。実は仕事していている人(アウトプットが多い人)程、外出したり人と会ったりと行動的!?(インプットが多い?)気がします。
    して、忘れてはいけないのが勿論アートワーク。数年に渡る下書き、落書き、予告カット等々。アートワークも見所ですよー

全34件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1971年、3月26日生まれ。おひつじ座。O型。
1989年、「別冊フレンド」誌上でデビュー。95年、「FEEL YOUNG」に連載を始めた 『ハッピー・マニア』が大ブレイク。以後『ジェリービーンズ』『花とみつばち』 『監督不行届』『さくらん』『シュガシュガルーン』、美容エッセイ『美人画報』などヒット作を連発。『シュガシュガルーン』では第29回講談社漫画賞を受賞。現在『オチビサン』と『鼻下長紳士回顧録』連載中。

安野モヨコの作品

ツイートする