鈍獣

著者 :
  • PARCO出版
3.57
  • (9)
  • (17)
  • (30)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891947071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 同じ宮藤さんの『マンハッタンラブストーリー』や『あまちゃん』なんかを読んだり観たりしていると、「細かいところは気にするな、それでも面白いんだから」というメッセージを感じるのだった(しかも実際それでも面白いのだ)が、『鈍獣』に至っては、全ての設定が割とドンピシャにハマっている。ムダな笑いが無い。
    被虐/加虐の関係が少しずつ変容していく様子も鮮やかだ。
    ここまでの計画性があって、さらに全て物語に絡ませる形でひっきりなしに笑いを入れていく彼の才能の本領が窺える一冊である。

    あとは……宮藤氏+俳優陣による座談会と、女優陣アンケートは色んな意味で見ものです(笑)

  • ありえないくらいに面白い。
    やっぱ宮藤ちゃんは天才すぎる。崇めたいほどだ。
    「鈍獣」の意味も読めばなるほど。まさに最強。

  • はじめての戯曲本
    クドカンファンとしては
    めちゃくちゃ楽しめた本でした

  • 舞台みたい。

  • 4年前に読んだ。話の内容はぜんぜん覚えてないけど、ものすごいインパクトだった。

  • 2010/01/30読了。

  •  木更津キャッツアイの第6話(だったかな?オジーが殺されてしまうエピソード)といい、「ウーマンリブ先生」といい、これといい、ダークなクドカンが好きだったりする。
     これは、なんだかよくわからないけれど怖い、というところがいい。理屈じゃないもの、こわさって。辻褄のあうあわないの世界じゃないもの、恐怖って。舞台の迫力あるこわさもまた、すごくすごくよかった。

  • 映画を見て、脚本を読んで、
    ねずみの三銃士の劇を見たくなった。

  •  カメラワークが気になる。やはり演劇は生で見ないとだよね。DVDじゃ面白さ損してる。。

     今やってる映画も見て来たのですが、演劇のほうがおもしろいと思います。設定もそうだけど、やっぱり映画にすると個人の描写が濃くなっちゃう。すごいぶっ飛んでる有り得ないのに変にリアリティを持たせようとして映画は失敗してると思いました。

     でっかいところで演劇がみたい!R2C2行きたい!!

  • 宮藤官九郎が岸田戯曲賞を受賞した作品。おもひろい。おもひろいよー、恐いよ…。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1970年、宮城県生まれ。91年より大人計画参加。以後、脚本、構成、俳優、映画監督として活躍。近作に「ごめんね青春!」(2014年TBS系)、「ゆとりですがなにか」(2016年日本テレビ系)。2019年NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」を手掛ける。

「2017年 『火曜ドラマ 監獄のお姫さま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮藤官九郎の作品

ツイートする
×