世なおしトークあれこれ

著者 :
  • PARCO出版
3.55
  • (23)
  • (17)
  • (58)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 221
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891947514

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美輪明宏が世のあれこれをぶった斬る本。
    まあ、面白い。
    でも語尾がほとんど全部同じなのが気になって、
    途中からあまり楽しめなくなった。
    あの人が書いてると思うから有難く思えるけれど、
    内容はそこらのおいちゃんと同じ。
    ブランドの勝利かな。

  • 自己啓発本だけど、美輪さん独自の考え方が見えてためになった。

  • 美輪様節がするどく刺さる。痛烈なのに優しさが満ちている言葉選びの数々には脱帽いたします。文章からも気品が満ち満ちてくるとは、真の教養とはかくあらんや。
    これは戦前戦後を経験したすべての方の言葉に共通だが、彼らの反戦・平和に関する主張は絶対的に正しい。よくよく胸に刻んでおかなければ。次に道を誤るとしたら、それは我々の世代なのだから。などということを優しく厳しく語り聞かせてくれる一冊。

  • 喫茶店に置いてあった本をたまたま手にして読んでみた。芸能人のスピリチュアル本だという先入観は良い意味で裏切られ、宗教染みたところは無く、至極真っ当な内容に惹きこまれる。残りの読むべく、帰りの古本屋で探し買ってしまった。
    普段安易に使用している言葉の意味、様々なテーマについて随所に耳に痛い内容が盛り込まれ、一気に読了。ここ最近読んだ中で一番面白かったかも。おススメします。

    【一部抜粋】
    31 愛国心について
    「愛」は心の問題なのです。何かを愛するとか、愛さないとか、他人がとやかく口出しすることでは無いのです。・・・好きでもない人のことを、「愛しなさい」と強制されても決して愛することができないことと同じこと。・・・愛されるだけのことをしているのですか?・・・人格的にも優しく品行方正の美男や美女から「私を好きにならないでください」と言われても、それは無理なことなのです。誰しも必ずホレてしまうからです。

  • ここまできちんと自分の意見を持って、偉ぶらずに語れるのはすごい人格をお持ちだと思う。
    丁寧な語り口に時々わざとくだけた口語を混ぜ、
    最後にはオチとも言える放り投げ感に、自分の意見を押し付けない配慮が伺え、好印象とともに終わる。

  • 自分用メモ
    双頭の鷲
    プリティ・ウーマン
    「慈父」+「悲母」=「慈悲」

  • やっぱり、美輪さんの本は、温かみと人間味に溢れています!

  • 美輪明宏の本は世界が広い

  • 魂の話は納得できましたがそれ以外はちょっと自分とは考え方が違うみたいです。

  • とにかく、品というものを大切にしていこう。
    品とは何か、をもう一度考えようと思った。

全28件中 1 - 10件を表示

美輪明宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世なおしトークあれこれを本棚に登録しているひと

ツイートする