文学賞メッタ斬り!〈2008年版〉たいへんよくできました編

  • PARCO出版
3.49
  • (8)
  • (20)
  • (37)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891947743

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み出したら止まらなくて、またまた読んでしまった書評対談。ゲストを招いてってのも良いんだけど、なんといってもやはり、二人の対談部分こそ満足度高し。”読むのが怖い”と違って、二人の嗜好ベクトルがそれなりに似ているから、件の作品ほどのいがみ合いは期待できないけど、似ているからこそ、選考委員会たちに向けられる切っ先の鋭さが際立つ。ブックガイドとしての読み応えもあって、本作もまたまた存分に楽しませてもらいました。

  • 読書メーターでフォローしている、いつもおもしろい感想を書く人がおもしろそうに読んでたから手に取った。
    悪口ばかりゆってたら嫌だとも思ったけど、インタビューが長嶋有だったのでそこだけでも読もうと思ったら、おもしろすぎて全部読んだ。読まず嫌いしている石田衣良のインタビューは、つい少しだけ飛ばしてしまった。

    わたしなんかは、小説を読んでもいいのか悪いのかほとんどわからなくて基準は好き可嫌いかなんだけど、こういうのを狙ってわざとこんな書き方をしているとか、前回ああだったから今回こうしてみたんだとか、そういうの、へえ、と思いながら読んだ。
    それと、選んでいる側が正しいとは言えなくて、本当にいいのによさにきづけないこともるということを、審査員のメッタ斬りしているところを読んでて思った。それは、小説の世界に限らずどの世界にも起こり得て、だからわたしはわたしの好きなものを狭い世界で絶賛して何度も楽しんでいくしかない。

    好きなもの、読みたいなと思うものは、角田光代のような読まなくても上手ってわかるようなものも読んでいて楽しいけど、それより毎回同じ話ばかりしているような人は好き、全部読みたい。自分の言いたいことがあって、それをあの手この手で一生かかって表現していくような人、そんなにも伝えたいことがある人、すごくいいなと思う。

  • 2013/3/25購入

  • 今年でメッタ斬りも終わるらしいですね。石原慎ちゃんあってのメッタ斬りだったから、という訳でもないでしょうが。

  • 2012/09/02
    自宅

  • 石田衣良の対談がおもしろかった。
    彼の作品はそこまで読んでないのですが、言うこととかすべておもしろいんですね、可愛い毒があって。

    そして相変わらずのジュンちゃん。
    ジュンちゃんと写真撮ったという豊崎さんのくだりがウケた。
    この会の文学賞の二人の評価はどれも結構高い。
    早くも2009年バージョンが楽しみです。

  • 大森さんと豊崎さんが、直木賞&芥川賞をダブルで予想的中させた今シーズン。
    桜庭さんは大絶賛されてましたね~。
    第3回「メッタ斬り」大賞も受賞されましたし。
    今回は、たいへんよくできました編と銘打っていたので、褒め言葉が羅列していたらどうしようかと思いましたが・・・。
    相変わらずの毒舌ぶり、ほっと一安心しました。。
    あと今回は石田衣良さんとの対談が載ってたんですが、彼の敵の作りっぷりは読んでてたいへん愉快でした。
    月のある夜ばかりじゃないってことを、誰か彼に教えてあげてーーー。

  • 図書館で借りた本
    長嶋有と石田衣良を交えた座談会が毒があって面白い。
    文学賞の現状がわかる上に、ブックガイドとしても役に立つ。

  • 思ったほど辛口じゃないし、批評家二人の
    作家への愛が感じられた。
    石田衣良と長嶋有の公開対談(?)も面白かった。

  • 歯に衣着せぬ書評で面白い。本の好みはほんっとに人それぞれだよねー。自分の好きな作品が豊崎さんに褒められてると嬉しい。ケチョンケチョンに斬られててもそれはそれで嬉しい不思議。とりあえず「ピカルディーの三度」がものすごく読んでみたくなった。

全22件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1961年、高知県生まれ。翻訳家。書評家。責任編集を務めた『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞を受賞。訳書にウィリス『航路』他。著書に『新編 SF翻訳講座』『現代SF観光局』他。

大森望の作品

文学賞メッタ斬り!〈2008年版〉たいへんよくできました編に関連する談話室の質問

ツイートする