薄桜鬼 随想録 原画集

制作 : デザインファクトリー 
  • 一二三書房
4.60
  • (71)
  • (19)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 343
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784891990398

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 随想録の方は、ゲームのファンディスクの原画集ということで、前作の「薄桜鬼」よりも甘めなイラストが多くて、眺めながらニヤニヤ。やはり斎藤さんは私のヨメ!保存版な一冊です。

  • 私はカズキヨネさんの絵が好きで、紙媒体で手元に置いておきたかったので満足です。
    追想絵巻の方は未読なのでよくわかりませんが、無印から黎明までの三冊で一番甘めのCGが多いと思います。
    殺伐としたものより、日常系が多いので。
    あと、SSLも漫画形式で収録されてます。
    ゲームでは小さくて見えづらかった部分まで見れたので良かったです。

    まあ、あくまで原画集であってイラスト集ではないので、雑誌掲載の絵などはあまり載っていません。
    ゲームのスチルをもっと大きく見たい方にはおすすめです。

  • 島原などを舞台とした作品です。

  • 回送先:町田市立木曽山崎図書館

    『薄桜鬼 随想録』の原画集という位置づけである。どこが違うのかという問いに対して本書が明快な回答を避けているのは言うまでもない(単純なソフト媒体の差異、ということで一応評者は納得しているがこれをわかりやすい形で細分化を試みようとすれば、それはある種の内ゲバを起こすのではないかという不安要素もあることは率直に認める)。

    取り立てて、新しいもののないと結論付けられそうなこの「随想録」だが、幾点か気になる箇所を見受けられた。そのひとつは、残酷なエンディングや途中場面がありえたにもかかわらず、原画集ではそれらはすべて「消去」されている、ということだ。これはパッケージイラストの解説においてカズキヨネ自らが「日常中心」という言葉でオブラートを包み込んではいるものの、換言すれば、これは「見たくないものに蓋をする」のとほぼ同義であることは言うまでもないだろう。
    しかし一方ではそもそもの原点との差異の不明瞭さなどの問題を逆に原画集という形で公開している、と前向きな考えも抱くことができる。ゲームの世界の中でのこと、と割り切るにはどうも釈然としないものを『薄桜鬼』は残していく(この部分では、新選/撰組を題材に扱った多くの異性愛女性向け恋愛シュミレーションゲームにはない感情だったりする)。

    儚いものに対する異常とまで言うべきこの心理傾倒に対する『薄桜鬼』の位置づけというのはおそらく鵺のように一面的ではないのだろう。そしてそのとらえどころのなさというものに惹かれていくオーディエンスがいるのも理解できる話である。

    本書によって食わず嫌いの自分がいたことを啓蒙された、というのは言いすぎであろうか。

  • 薄桜鬼の画集は毎回楽しみに買っています。
    スチルもきれいで、手元に残しておけるのが魅力。

  • 描き下ろし表紙の風間と千鶴だけで評価5です。ええ、もうそれで十分です…!
    薄桜鬼本編と随想録をプレイされた方なら、この原画集を感慨深くご覧になれるかと思います。
    私も薄桜鬼原画集と並べ、プレイを思い出し、繰り返し何度も何度も見てはキャラ全員に思いを馳せていました。
    紙質が前回画集より更によくなって、明暗やコントラストが綺麗に印刷されています。
    カズキヨネさんのスチルはやはり綺麗で、何度見ても惚れ惚れしてしまいます。
    キャラ資料集でも、エンディング後仕様の立ち絵が大きく掲載されていて大満足です。
    そしてそして、なんといっても話題になったおまけイラストまで全て掲載されています!
    普段は見ることのできない、キャラのあんな恰好やこんな恰好が見れて楽しいです:)

  • 欲しいです。っていうかたぶんそのうち買いますが。

  • 素敵過ぎる!
    総司の泣き顔に萌える

  • 勢いに任せて買ってしまった画集、その4(一応これでラスト)。
    画集を4冊も一気にまとめて買うなんてことは、私自身にとってはほとんどないこと。
    はまっちゃうと恐ろしいなぁって思いつつ…。

    前3冊の画集とは違うイラストが入っているので、よかったです。
    まぁ、すごいイラストも入っていたので、弟と盛り上がってました…。
    今後どうなるのか気になるところです。
    (できれば、こうも暴走するようなことはしないようにしよう…)

  • 欲しい・・・・!!

全15件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薄桜鬼 随想録 原画集を本棚に登録しているひと

ツイートする
×