海辺―生命のふるさと

  • 平河出版社
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892031359

作品紹介・あらすじ

生態学的視点から生命の危機を訴えたカーソン。その著『沈黙の春』は全世界にショックを与えた。海洋生物学者であった彼女は研究を進めるうちに、潮の永遠のリズムの中に生きる生物たちにの姿をみたのだ。カーソンの原点ともいうべき本書は、海辺のさまざまな環境と生物たちの生態とをあますところなく紹介し、その魅力を伝えている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:481.72||C
    資料ID:58800778

  • 著者の詩的な文章と素敵なイラストが魅力の本。身近にある海の素晴らしさを再認識しました。

  • 手書きのイラストの描写がリアル。
    海の生物が好きな人にはとってもおすすめです。身近な生物の知っているようで、知らなかった生態は面白い!

  • 身近な海辺の生物が主役なので、親しみやすい。

全6件中 1 - 6件を表示

プロフィール

上遠 恵子(レイチェル・カーソン日本協会理事長)

海辺―生命のふるさとのその他の作品

上遠恵子の作品

ツイートする