新・サンスクリットの基礎〈上〉

著者 :
  • 平河出版社
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892032325

作品紹介・あらすじ

サンスクリット文法はこの一冊で充分。『サンスクリットの基礎と実践』を全面的に改稿し、初級学習者から上級者の各段階に合わせた内容編成として、変化表などの情報もより充実させた。文字、連声、名詞、形容詞、代名詞、数詞などを収録する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スキャンしなおした

  • 家にあるが何年もの間、読み込めていない。スラスラ理解できるようになりたい。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1934年、群馬県生まれ。
1962年、東洋大学大学院博士課程中退。
1974年、「入楞伽経の思想史的研究」で文学博士。
東洋大学文学部印度哲学科教授、同短期大学学長を経て、1991-1994年、第35代東洋大学学長。
2005年、定年退任、同大学名誉教授。
2016年4月、逝去。
著書に、『ヒンドゥー教』(評論社)、『インド神話伝説辞典』(東京堂出版)、『釈迦のことば』『栄西・白隠のことば』(以上、雄山閣出版)、『サンスクリット講読 インド思想篇』『新・サンスクリットの基礎』(以上、平河出版社)、『ブッダとその弟子89の物語』『ブッダの悟り33の物語』(以上、法藏館)、『維摩経をよむ』(NHKライブラリー)、『釈迦の説話に耳を澄ませてみませんか』(河出夢新書)、『モンゴル仏教紀行』(春秋社)、『ドラマ維摩経』『道元が叱る』(以上、佼成出版社)『誰でもわかる維摩経』(大法輪閣)などがある。

菅沼晃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする