平山郁夫の世界

著者 :
  • 美術年鑑社
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892101724

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 早稲田大学の図書館に平山郁夫の《熊野路・古道》が飾ってある。
    それがきっかけで借りた本。

    文化財赤十字構想:世界の文化遺産の保護、救済を目的として提唱。
    >「私が、こうした遺跡や文化財を我々の手で後世に残さなくてはならないと考えたのも、絵のテーマと同様、平和な世界を望む気持ちから生まれたものです。歴史の生きた証人である遺跡や文化財を守ることは、平和の象徴にほかなりません」

    小学・中学生の時の作品も収録されている。中学生の時の私が描いたデッサンとは比べ物にならない位の写実性の高さ。。

    美知子夫人は妻の鏡だと思った。
    子どもからの手紙も微笑ましかった。
    温かい家族を築いた人なんだなと思う。

    ボランティア活動というか、文化財赤十字構想のもとで精力的に活動されていて、服装も言ってることも偉そうな感じが無いし、優しい人なんだろうな。

  • 平山郁夫展図録 3/8 中古

全2件中 1 - 2件を表示

平山郁夫の作品

ツイートする