日本語を育てる―大村はまの日本語教室

著者 :
  • 風濤社
3.75
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892192159

作品紹介・あらすじ

教育がないがしろにしてきた「聞くこと・話すこと」そして「読むこと」「書くこと」-50年間、現場に立ちつづけた著者の日本語を育てる知恵と工夫を満載。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国語教師として読み始めました。
    授業をするにあたってのヒントになるのではと思ったのですが、ヒントどころか、そのまま使えそうなアイデアばかりです。

    ことばに対して、子どもの言葉遣いに対して、深い洞察にあふれています。
    教師や子どもばかりではなく、日ごろことばに対して意識の低い人にも読んでほしい・・・そんな本です。

    ほんの少し言い方が違うだけで、ことばはその彩を変えてしまう。
    けれども、言葉遣いそのものに細かい心配りをしよう、そんな意識が薄れていっていると思います。

    私自身、ことばを使う一人の日本人として、日本語の美しさや奥深さ、しくみを、実はよく知らないのではないかと感じさせられました。
    大村さんのように、生涯ことばをはぐくむという姿勢で生きていきたいと思います。

  • はま先生の「ことば」に対する思いが、実際の生徒指導の経験をそえて語られています。
    いわゆる「日本語教室」的レクチャーはなくて、むしろ教師としての「ことば」への誠実さとか向き合うことの覚悟とか、そちらを培うことをねらいとする本であるように思います。

全2件中 1 - 2件を表示

日本語を育てる―大村はまの日本語教室のその他の作品

大村はまの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする