くさのなかのキップコップ

制作 : Mar´ek Veronika  羽仁 協子 
  • 風濤社
3.40
  • (2)
  • (0)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784892192654

作品紹介・あらすじ

にほんからとおいとおいあるところに、せいようとちの木というなまえのおおきなきがあります。まっしろいはなのなかからみどりいろのとげとげのたまがかおをだします。あきになるとぱっくりとわれて、つやつやとしたちゃいろいみをたくさんじめんにおとします。このみはたべられませんが、こどもたちはよろこんでひろいます。どうぶつやにんぎょうをつくってあそぶのです。このとちの実のこどもがこのよに、いのちをさずかりました。なまえはキップコップ、だいどころのものおきにすんでいます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • マレーク・ベロニカ、絵はとても可愛いけど、ストーリー展開がどうもなめらかでないというか、読んでいて疲れるときがある。これもそう。

  • ぼくもてんとうむしと仲良くなれたらいいな。

  • とにかく絵がかわいくて色鮮やか!
    部屋に飾ったりしても良いかも!

  • 可愛い絵と親しみやすいお話で子供も気に入ってます♪何回教えてもキップコップのことをサルと言ってますが(*≧m≦*)ププッ

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1937年ハンガリーのブダペスト生まれ。国立人形劇場のスタッフとして働いた後、絵本作家に。その作品は世界中の子供たちに、ずっと愛され続けている。主な作品に『ラチとらいおん』『ボリボン』(福音館書店)、〈ブルンミとアンニパンニ〉シリーズ、〈キップコップ〉シリーズ、『ぼくとおにいちゃん』『のりものにのって』『きのうきょうあした』(風濤社)など。


「2017年 『とんとん だあれ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

マレーク・ベロニカの作品

ツイートする