こびん (らいおんbooks)

著者 :
  • 風濤社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892194207

作品紹介・あらすじ

女の子からあずかった、たいせつなもの。波にゆられて、たどり着いたのは、みたこともない場所。出会った人から、あずかった返事とともに、ひろい海を、ひろい世界を、こびんは波にゆられていきます。言葉は通じなくとも、想いはつながっていく……作者の思いが込められたものがたりです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女の子が海に流したこびんは波にゆられ、見たこともない場所の見たこともない人へ返事とともにゆられていきます。世界をめぐる、こびんの大冒険。遠い世界に想いを馳せながら心が開放されたように穏やかになれる絵本ですね☆

  • 手紙を入れた小瓶が世界中の海を巡るおはなしは、世界をつなぐやさしい物語でした。絵もおはなしと合っています。

  • 手紙が 入った 小瓶を 海に流し、巡りめぐって…

  • ロマンチックなテーマではある。マネしてはいけない。コルクのふたでは水がしみないのかな。絵が上手い。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1985年北海道生まれ。画家、絵本作家。多摩美術大学大学院修了。第1回白泉社MOE絵本グランプリ受賞をきっかけに、『ちょうちょ』(文・江國香織/白泉社)で絵本デビュー。既刊に『くらべっこしましょ!』(文・石津ちひろ/白泉社)、『うたのすきなねこ ララとルル』(風濤社)、『やさい ぺたぺた かくれんぼ』『いろがみ びりびり ぴったんこ』(アリス館)、『みつけてくれる?』(あかね書房)、『こびん』(風濤社)、『わたしはねこ』(リトルモア)がある。好きなおべんとうの具は、きんぴらごぼうとオクラの肉巻き。

「2017年 『おべんとうばこ あけたらね』 で使われていた紹介文から引用しています。」

松田奈那子の作品

ツイートする