やまねのネンネ

著者 :
  • BL出版
3.80
  • (13)
  • (18)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892385773

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 眠っているヤマネの小さな大冒険。どうなるんだろう、どうなるんだろう、と自分の中に眠っていた子供心が疼きだしてくる。

  • 絵がとってもかわいい。
    両開きにすると、片方は本当の今のやまね、もう片方は夢の中のやまね。ややこしいんじゃないかな、と思いましたが子供達も理解してくれていたようです。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「絵がとってもかわいい」
      どいかやの絵って、どこか懐かしい感じがして好きなので、時折サイトを覗いて目の保養をしています。
      「絵がとってもかわいい」
      どいかやの絵って、どこか懐かしい感じがして好きなので、時折サイトを覗いて目の保養をしています。
      2012/09/14
    • カレンさん
      nyancomaruさん、こんにちわ。
      子供達には、インパクトのある色彩でまず惹きつける、という手には不向きですが、私も大好きです。
      サ...
      nyancomaruさん、こんにちわ。
      子供達には、インパクトのある色彩でまず惹きつける、という手には不向きですが、私も大好きです。
      サイトがあるのですね?私も見てみます。
      コメント有り難うございました。
      2012/09/15
  • 絵がかわいい。

  • 冬眠したヤマネは、こんなに色々されても起きないのねん・・・

  • 可愛いかったです。

  • 2015クリスマス 桃

  • 表紙の絵が愛らしくてジャケ借りしました。内容はあまり期待していなかっただけに、すごく面白くてびっくりです。七五調のリズムに乗せて予想外の話が展開されます。左ページは現実、右ページはネンネの夢の中。現実は大変な事が起きているのですが、さて夢の中では?可笑しくてほのぼのする同時進行です。絵も可愛くて可愛くて。どいさんの他の作品も、ぜひ読みたいです。

  • はるはまだまだ。
    冬眠中のやまねのネンネが巣からころころ落ちちゃって・・・
    でもぐっすりネンネは気付かず夢の中・・・。
    色鉛筆画の素敵なイラストとかわいいお話です。
    冬の読み聞かせにぴったりです。

  • ネンネのねぼけっぷりがかわいらしいです。

  • めっちゃかわいい。冬の読み聞かせにピッタリ。言葉のリズムもよくて、声に出して読みたくなる。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年東京に生まれる。東京造形大学デザイン科卒業。『アイヌのむかしばなし ひまなこなべ』(萱野茂・文)で産経児童出版文化賞産経新聞社賞を受賞。「チリとチリリ」シリーズ、『チップとチョコのおでかけ』『おはなのすきなトラリーヌ』『ねこのかあさんのあさごはん』『ハーニャの庭で』『ナナカラやまものがたり』『ぼくたちねこなのゆかいな8ぴき』『ポーリーちゃん ポーリーちゃん』など、自然や生き物への愛情があふれる絵本を数多く手がけるほか、緑ゆたかな山間で猫たちと暮らす日々をつづった『ちっぽけ村に、ねこ10ぴきと。』などのエッセイも発表している。

「2020年 『ねこのニャンルー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

どいかやの作品

ツイートする
×