カロリーヌキャンプにいく (カロリーヌとゆかいな8ひき)

制作 : Pierre Probst  山下 明生 
  • BL出版
3.94
  • (14)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892386749

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物たちがにぎやかでわんぱくで可愛らしかったです。

  • 150

  • 子供の頃大好きだったカロリーヌシリーズを娘に購入しました。昔の大型本は絶版になり、訳者が変わってBL出版から復刊したらしいので、訳文にやや違和感があるものの、かわいくておしゃれな絵、動物たちの豊かな表情は昔のまま。カロリーヌ達が食べているスパゲティがとても美味しそうで、母にスパゲティを作ってもらった記憶があります。おしゃれで小粋なカロリーヌはいかにもフランスの女の子!娘も大好きになったら良いな~。

    • ミャーコさん
      懐かしい~!!うちにも大型本が何冊かあったなぁ。子供のカロリーヌが国をまたいで大冒険するって、今思えばありえない設定だけど、当時は夢中になっ...
      懐かしい~!!うちにも大型本が何冊かあったなぁ。子供のカロリーヌが国をまたいで大冒険するって、今思えばありえない設定だけど、当時は夢中になって読んでたよ。私もスパゲティをくるくる巻いてる挿し絵を見て真似した記憶がある^^あと、アザラシ肉が無性に食べたくなった(北極編)^^
      2012/11/27
  • 大好きカロリーヌシリーズ!
    これがいちばん好きかな~
    にゃんこ匹がクロワッサン食べてる絵がかわいい

  • 持ってる絵本

  • みぃこってやぱ
    動物が喋るとか
    そんな類がどうゃら
    スキみたぃ。

    カロリーヌと愉快な8匹。
    ホントにスキだった。

    かわいんだもん。

    とくにユピー

    作者のかたもとくにユピーにゎ力入れてたと思うょ。
    子供が生まれたら集めてあげるんだ-

  • (7〜8歳の頃、私はこの絵本が大好きでした。)
    夜、動物の子供たちは、枕投げでベットルームをしっちゃかめっちゃかにして、キャンプの先生に叱られる。興味深かったのは、小さな犬のユピーが病気になって、吸い玉ガラスの治療を受けているシーンかな。キャンプの催し物の予定が、プログラムと書いてあって、英語をはじめて意識したのもこの絵本でした。

  • 私が子供の頃に読んで最高に好きだった絵本のシリーズ♪
    このお話でキャンプに行ってみたいなぁって思ったな☆

  • みかづきパンにスパゲッチ。

全12件中 1 - 10件を表示

ピエール・プロブストの作品

ツイートする