いろいろいろんな日

  • BL出版
4.04
  • (8)
  • (9)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892386909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 難しい絵本でした。いろんな日があって、その時その時でいろいろなこころもちがあって、いろんな日の、いろんなぼくがいる。ということなんですが。

  • 黄色い気分
    青い気分
    色んな日があって色んな僕がいる
    わかるかな?
    僕の心が大きく動いて変わっていくのが
    心が動く、気分が変わる
    そう僕は色んな僕なんだ

    軽やかな馬のような気分の日、鳥のように羽ばたける気分の日、落ち込んじゃう日、賑やかな蜂のような日、じっとしている日、オレンジのあったかい気持ちの日、静かな深海の魚のような日、悲しい日、ピンクの日、大声で吠える日、まぜこぜの日。

    同じ気分の日はない。
    落ち込む日だってある。
    元気な気分の日だってある。
    それが全部自分なんだ。

    元気だそうとかではなく、そういう日もある、というが全部肯定しているようでいい。

  • 色々な気分の日があるわね〜

  • 2018.09 2-2

  • 今日がどんな日でも、明日には違う色になれる。いろんな自分がいて、全部が自分なんだ。いろんな自分を受け入れて、軽い気持ちで生きていこう。

  • いろんな日があっていろんな感情があって
    こんな日もあるさ。
    嬉しい日もあるさ。
    そして色って不思議だなーと気づかせてもくれる。

  • 娘4歳8ヶ月、息子1歳11ヶ月時、図書館で借り

    娘がいろんな感情を覚えてきているので借りてみたけど、抽象的な絵本はあまりお好きでないらしい。

  • 生き生きした色づかいとぐっとくる言葉

  • 絵がきれいで、いろんな気分の日が表現されています。
    3才の子供ながらにも「いろんな気分の日、いろんな気分の自分がいる」ってことが分かるようで、楽しんで読めて(聞いて)います。

  •  いろんな日の、いろんな「ぼく」がいますよ。ぜんぶ、「ぼく」。いろいろな「ぼく」の気分が、色あざやかな描かれた絵とともに、つづられています。どの「ぼく」も、とてもステキです。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本名シオドー・スース・ガイゼル。1904年、アメリカのマサチューセッツ州に生まれる。絵本作品は簡潔でリズミカルなことばが特徴で、ユーモアに満ちた奇想天外の物語が多い。邦訳に『ぞうのホートンたまごをかえす』『ぞうのホートンひとだすけ』『ふしぎな500のぼうし』(共に偕成社刊)など多数。1980年に、ローラ・インガルス・ワイルダー賞を、1984年にはピュリツァー賞特別賞を受賞。1991年没。

「2010年 『きみの行く道』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドクター・スースの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
ピーター レイノ...
トミー=アンゲラ...
マージェリィ・W...
レミー チャーリ...
ヴェルナー ホル...
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×