雪の写真家ベントレー

  • BL出版
4.14
  • (38)
  • (34)
  • (23)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 363
感想 : 59
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892387524

作品紹介・あらすじ

本書は、家族の愛情に見守られ、ひたむきに雪を追いつづけたベントレーの生涯を、美しくぬくもりのある版画とともにつづった心あたたまる伝記絵本です。1999年度コールデコット賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『畑仕事には牛をつかい、夜のやみを照らすのは、ランプの明かりだけだったころのことです。』
    1999年度コールデコット賞受賞のこの作品は、最初にそんな一行が登場する。
    そして、世界で初めて雪の結晶の写真集を出したW・A・ベントレーさんの伝記が始まるのだ。

    好きなことをここまで追求できた彼の人生を、なんて幸せなんだろうというのはたやすい。
    大半の人間は、やらねばならないことを好きになれるように日々努力しているからだ。
    もちろんそれはそれで素晴らしい人生であり、結果として人に喜ばれるのならこんな幸せはないだろう。
    人生をかけるほどの「好きなこと」など、そうそう見つかるはずもない。
    ただ、少年ウィリーは好きなことを続けただけではない。
    それはあくことのない探究心からスタートしたものであり、工夫を惜しまぬ努力もさることながら、美しいものを人に見てもらい喜んでもらいたいという利他の心も併せ持っていた。才能というのなら、その部分だろう。

    彼を支えた両親もまた素晴らしい。
    『雪なんかにむちゅうになって、ウィリーには困ったものだ』と言いながら、貯めていたお金で顕微鏡付きのカメラを買い、ウィリーの願いを叶えてあげるのだ。
    その破格の値段は、『10頭の乳牛よりも値段の高いカメラでした』という。
    雪の写真になど、誰も興味を持つ人などいなかったその頃。
    ウィリーの心を燃やし続けたものは何か。作品は、そこも丹念に取り上げていく。

    約13分かかる。内容からして高学年向きかな。
    絵は、全て版画。穏やかで静かな世界である。
    詩情に満ちた物語は、どのページにも解説が加えられている。
    仕事と何か、夢を追うとはどういうことか、生きるとはどういうことか。
    様々なことを、読後しばし考える秀作。
    残念ながら雪の結晶の写真がないので、W・A・ベントレーさんの【Snow Crystals】という写真集も一緒に読むともっと良いかもしれない。
    いいなぁ、素敵な伝記だなぁ。読みながらじわっと涙が出そうだった。

  • 絵本「雪の写真家 ベントレー」の内容紹介 - ジャクリーン・ブリッグズ・マーティン|ウェブの絵本屋ピクトブック
    https://pictbook.info/ehon-list/isbn-9784892387524/

    Woodcut Print Artist : Mary Azarian
    https://www.maryazarian.com/

    雪の写真家 ベントレー | BL出版
    https://www.blg.co.jp/blp/n_blp_detail.jsp?shocd=b87524

    • nejidonさん
      猫丸さん。
      これは良いお話ですよね。
      この季節に必ず読みます。
      そのあとで雪の結晶の写真集を見せるのですが低学年の子ほど大興奮。
      私...
      猫丸さん。
      これは良いお話ですよね。
      この季節に必ず読みます。
      そのあとで雪の結晶の写真集を見せるのですが低学年の子ほど大興奮。
      私は「興奮よりも感動を」と心がけているのですが、上手くいかないときもあります(*'▽')
      2021/01/20
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      nejidonさん
      「興奮よりも感動を」
      でも確かに興奮しますよね。子ども達が喜ぶ姿が目に浮かびます。。。

      しかし、いつから雪の結...
      nejidonさん
      「興奮よりも感動を」
      でも確かに興奮しますよね。子ども達が喜ぶ姿が目に浮かびます。。。

      しかし、いつから雪の結晶について判っていたのでしょうね。

      北越雪譜. 初篇 巻之上 - 国立国会図書館デジタルコレクション
      https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/767984
      2021/01/21
  • 伝記絵本。
    ウィリー・ベントレーはアメリカの豪雪地帯にある小さな農村に生まれた雪の大好きな男の子。
    雪の研究と結晶の写真撮影に一生を捧げた姿が描かれます。

    ウィリーを温かく見守り、高価なカメラをプレゼントしてくれた両親、素敵だなと思いました。
    本人の努力はもちろんですが、家族の理解と協力があったからこそ雪の研究に没頭できたんでしょうね。

    中谷宇吉郎さんが研究をするきっかけもベントレーが出版した雪の結晶の写真集を目にしたことだったとのこと。
    最後に掲載されている雪の結晶の写真(3枚)はどれも違う模様でうっとりするほど美しいです。
    自然の神秘を感じました。

    温かい素朴な雰囲気の版画も素敵でした。

  • 「雪の結晶の美しさ」に囚われ、その情熱が、結果、かけがえのない世界の財産になる
    名誉やお金じゃなく、自分の関心や想いに生きる、そんな実話
    冷たい雪が心を暖めるほど、美しい
    自然が作り出す美には、人間はただ感動するだけ

  • 研究者とはいつもこうかもしれない。
    他の人達と同じ事には興味を持てず、周りの人々からばかにされ、自分のしたいことだけに夢中になる。
    そして賢い母や両親だけが理解者となってくれる。

    ひとつの事に夢中になって研究する熱心さ、あきらめない強さ。そういう事をこども達に伝えたい。
    そして、一目見ただけでは版画とは思えないほどの絵、
    版画の勉強を始めた5年生に紹介できたらとてもいいだろうなぁ。

  • 子ども(6才)が寝る前に読み聞かせるのが習慣となっている。
    今日はこの本を読んだ。
    読んだらおもしろくって、この人の「雪の結晶」という写真集が無性に見てみたくなった。

    絵本の巻末に少しだけ雪の結晶の写真が載っていたが、息をのむほど美しい。

  • 雪の結晶を一生撮り続けた写真家。当時人にばかにされ、収入にも作品にもならなかったが、自分を信じて続けていった。自分の好きなことを見つけ、のめり込み、続けること。写真家として一番だいじなことかもしれない。それは写真家に限らず人の人生にも言えることだ。

  • 難しそうな印象の絵だし、作りなんだけど、なんか惹かれて、図書館からリピート。

  • 雪には不思議な魅力があるものね。美しくて儚くて繊細で。こんなにも魅了されて夢中で追い続けられるものがあるっていうのは幸せだなと思う。

  • 写真家とあるので絵本とは言え、もっと写真家としての側面を出してほしかった。

    真面目に生きてきた人と言う印象は残った。

    人生において、写真に関しては支出の方がはるかに多かった。

    最期は、雪道を長時間歩いて肺炎を患い亡くなったと言う。
    ある意味愚直な人生だなとも言える。

    自由主義とは言え、アカデミックな分野では、学歴が要求されるのもアメリカだ。
    色々苦労もあっただろう。

    絵本化するには、なかなかいいテーマだ。
    アメリカで色々賞をもらっているようで、ご同慶の至りだ。

    彼のお陰で、雪の結晶が見れる様になった。
    日本では、中谷宇吉郎博士を思い出す。

    絵本で世界を学ぼう という本から本書に行き当たった。

    また
    本書は、絵本で世界を旅しよう 
    で 15番目に紹介されている本です。

    全紹介絵本に挑戦中です。

全59件中 1 - 10件を表示

千葉茂樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・フライシ...
モーリス・センダ...
マージェリィ・W...
クリス・ヴァン・...
デヴィッド ウィ...
トミー=アンゲラ...
ばーじにあ・りー...
ユリ シュルヴィ...
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×