ヴァイオリニスト

制作 : 今江 祥智 
  • BL出版
4.02
  • (18)
  • (18)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892387869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本作はヴァイオリニストの青年の繊細な内面を見事に描いています。劣等感、焦り、自己嫌悪を抱える様子、そして窓からひたすら眺める少年のおかげでやっと、やっと父親の期待から決別し、自分なりの人生を発見することができるようになる様子、バンサンのデッサンでその心の動きが緻密に読み取れます。本作はたまたまヴァイオリニストの話になっていますが、この心の葛藤の様子は、あらゆるプレッシャーを受けている人にも響くのではないでしょうか。悩み苦しみながらも心を解放していく様子が素敵だったと思います。素朴なデッサンが心に染みますね

  • 一枚の絵から
    ヴァイオリンの音色が届いてくる
    一枚の絵から
    ヴァイオリニストのため息が聞こえてくる
    一枚の絵から
    男の子の心臓の鼓動が届いてくる
    一枚の絵から
    村人たちのヴラボーの声が届いてくる
    一枚の絵から
    無限の感情が届いてくる

  • おとなむけ絵本、線画。
    有名になれなかったヴイォリニストの父へのことば。
    C8798

  • 2016 8/10

  • 「もうお顔をお見せ下さいませぬよう…」

  • これもまた先週読了!ほぼ主人公のモノローグで進む展開はバンサンの絵と合わさって、読んでて想像力を刺激されたなぁ…!さみしいところもあるけど、シンプルに良い話なところも好き!

  • 自信をなくしたヴァイオリニストが自分を窓越しにいつもみている少年のまなざしにいつしか励まされ、自分自身を確立します。
    ほとんど文のない、デッサン画で構成された印象的な絵本。

  • 励まされた。

  • 晩年のバンサンの作品。
    主人公が、自分のヴァイオリン演奏に、身近な人たちを喜ばせる力があると気づくお話し。
    いい本です。

  • 物語がきこえました。

全17件中 1 - 10件を表示

ガブリエル・バンサンの作品

ツイートする