ワニくんのえにっき

  • ビーエル出版
3.56
  • (3)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892388910

作品紹介・あらすじ

ワニくんは油絵も描くし、日曜大工はとっても上手だし、なんとなくボーッとしてみえる彼も、いろんな才能を持っているようです。ボートの上で絵を描くというのは、印象派の画家たちが好んでしていたことで、ワニくんもきっと"MANET"になったような気分で描いていたのでしょうね。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夏休みを船の上で過ごそうと船を設計して作る、最初は絵を描いたり釣りをしたり楽しむが、雨と雷で気がつくと海に、くじらと出会ってなかよくなって、近くの港まで押してもらう予定が何故か南極へ

    部分的に絵日記風

  • 船をつくってのんびりするはずがとんでもないことに。
    この後、どうなったのかもとても気になります。

  • [江戸川区図書館]

    みやざきひろかずさんの「ワニくんシリーズ」の一冊です。
    http://booklog.jp/entry?keyword=%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%96%E3%81%8D%E3%80%80%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%80%80%E3%83%AF%E3%83%8B&service_id=1&index=All

    3歳の誕生日前から息子には日記をつけさせているのですが、今回の本は"えにっき"に関連していて、冒頭のページはこどものような字で「えにっき」が描かれているので、長めの文章なのに子どもが読みたがりました。それにしても最後のオチ。この方の絵本はほんわりとした絵柄とゆったりとしたストーリーだけど、こうしたスパイスもあるので読んでて楽しいです。

  • 第3回 びばからす賞

  • S太朗が4歳2カ月であっていた本。9カ月目にまた借りてきてこちらへ登録。

    と~ってもほんわかしたワニくんが大好きなS太朗。
    シリーズで借りました。

    やっぱり子どもに受けるのか、NHKでも見かけました。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

北海道教育大学を卒業後、大阪のデザイン事務所でデザインやイラストレーションを担当。その後、独立するとともに絵本の制作を始める。1984年『ワニくんのおおきなあし』が「第1回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞」を受賞。主な作品に『ワニくんのめざましどけい』『ぼく、どこにでもいるカバです』『チョコレートをたべたさかな』などがある。

「1998年 『楽しもう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやざきひろかずの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×