こねこのおんぶ (長新太の赤ちゃん絵本)

著者 :
  • BL出版
3.67
  • (5)
  • (3)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (20ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892389023

作品紹介・あらすじ

スヤスヤこねこはかあさんにおんぶ。おや、木におんぶ。タコにも船にもビルにもおんぶ。かあさんは困った困った。つぎは何におんぶかな?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • こねこが、うっかりいろんなところに、おんぶしてもらってる。なかなかすごいよ。

  • こねこが、木に、タコに、ふねに、こわいいぬ(ガブリ)のうちに、ビルに、にんげんのおかあさんにおんぶ。

  • こまった こまった


    欲しい!!!!

  • ・支援センターにて。
    ・9ヶ月時。
    ・シュールの極み!じわじわさせといて、船からのビル(笑)(笑)(笑)お笑い芸人のヒロシ風に読むと娘爆笑。

  • 三匹の子猫がお母さんの背中を離れて、木、たこ、ふね、怖い犬の小屋、大きなビル、人間のお母さんの上におんぶ。

  • かわいいー。
    ハンコにできそう☆

  • だいぶ、免疫がついてきたと思っていた長新太さんの絵本。でもね、さすがに、この絵本は・・・。
    自分では、絶対に買わなかったと思われる、この絵本。長新太ファンのおばさんからの誕生日プレゼント。
    いいんです。長新太作なんだから、何が起きようといいんです。子猫が、船におんぶしようと、タコにおんぶしようと、構いません。わっはっは~と笑いましょう。でもね、母さん猫の「こまった、こまった」の台詞の意味が、全然わからないしー↑
    そんな母の心の中のツッコミになど、おかまいなしに、娘は、最初に読んだときから、この絵本が、お気に入り。何故だろうねー。なんだろうねー。毎日、毎日、持ってきます。毎日、毎日、読まされます。そして、いつの間にか、好きになってる自分に気づいた母(1歳)

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1927 年、東京に生まれる。漫画、絵本、イラストレーション、エッセイなどさまざまな分野で活躍する。絵本に、『おしゃべりなたまごやき』( 文芸春秋漫画賞)、『ぞうのたまごのたまごやき』( 小学館絵画賞)、『はるですよふくろうおばさん』( 講談社出版文化賞絵本賞・講談社)、『さかさまライオン』( 絵本にっぽん賞)、『ゴムあたまポンたろう』( 日本絵本賞・以上童心社)、『キャベツくん』( 絵本にっぽん大賞・文研出版)、『ぼくはイスです』(亜紀書房)など多数。巌谷小波文芸賞受賞。路傍の石幼少年文学賞受賞。2005 年没。

長新太の作品

ツイートする