ワニくんとかわいい木

  • BL出版
3.77
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892389238

作品紹介・あらすじ

かわいい木だと思ってたのに…。「またまたボクってツイてないみたい…!」

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2011/2/23

  • 2010.03 5-2

  • 小さな木の芽が成長してとても大きい木になります。
    現実だったら大変ですがその共存する生活ぶりが楽しいです。

  • [江戸川区図書館]

    みやざきひろかずさんの「ワニくんシリーズ」の一冊です。
    http://booklog.jp/entry?keyword=%E3%81%BF%E3%82%84%E3%81%96%E3%81%8D%E3%80%80%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%80%80%E3%83%AF%E3%83%8B&service_id=1&index=All

    「かわいい木」が"かわいらしかった"のはほんの一瞬。4歳の息子はどんどん成長する木とその木に押されて生活するワニくんの様子に、やけにバカ受けして読んでいました。

  • 第1回 びばからす賞

  • ワニくん家の床から、小さな芽が出ました。
    ワニくんは嬉しくて、水をやったり日に当てたり、一生懸命です。
    芽はすぐに木になり、どんどんのびました。
    そして、とうとう木が家を破壊し始めたのです。
    ワニくんは何をするにも木が邪魔でしょうがありません。
    仕方なく、切ることを決心したワニくんでしたが地球危機の新聞を見て・・・。
     
    ワニくんが、木と共存することを選んだことで得た素敵な木からの贈り物!
    困ったワニくん、嬉しそうなワニくん・・・表情豊かなワニくんが魅力的な絵本です。
    優しい水彩画は、いつ見てもなごみます。

  • ある日、ワニくんの家の床に小さな芽が生えてきて...だんだん大きくなっていく木に困ったワニくん、木を切ろうとするのですが...
    淡い色を使った優しい絵が大好きです。

  • ワニくんのおうちの床にちっちゃな芽が・・・ワニくんは大切に育てたり、やっぱり切ってしまおうと思ったり、そして環境問題を考えて思いとどまります。オレンジのなる大木になった姿に息子は爽快感を感じていたようです。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1951年奈良県生まれ。おもな絵本に『ワニくんのおおきなあし』(第1回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞)ほかワニくんシリーズ、『チョコレートをたべたさかな』『ずぶろく園』『おくりもの』、さし絵を手がけた本に『ひらがなだいぼうけん』(第19回椋鳩十児童文学賞)『ドレミファどうぶつコンサート』などがある。

「2018年 『ほんのにわ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやざきひろかずの作品

ツイートする