チョコレートをたべた さかな

  • ビーエル出版
3.85
  • (34)
  • (27)
  • (38)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 347
感想 : 48
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (27ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892389290

作品紹介・あらすじ

今の境偶に満足していた1匹の魚。偶然にもチョコレートを口にしたことから心が乱れます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • チョコレートの虜になっちゃう魚のきもちわかる、わかるよ、、次いつ食べれるんだろうねなんて思いながら読みすすめていたら…(°_°)へ⁈





    なんとも言えない衝撃。


    ネタバレなしで読んでもらいたいです。
    また後からじわじわとくる一冊でした。


    なんだろう、不思議な絵本。笑
    子供におすすめは、出来ないかな。

  • 小学生の頃に図書室で見つけて何とも言えない気持ちに陥った。それから図書室に誰もいなくなったらひっそりこの本を開きに行っていた。今もこっそり静かに見なきゃって思ってしまう本。

  • 再読。教訓めいたことは言っていない。だけど、輪廻や因果、宿命といった単語が頭をよぎる。読み終えたあとは決まって心がざわざわするのに、またしてもこの絵本を手に取ってしまったのは、胸の喉に名状しがたい願望や執着心が魚の骨みたいにずっと引っかかっているからだろう。
    どこか懐かしく感じるチョコレート色の絵が添えられた物語は、カカオ70%かつ溶けて飲み込むころに酸味の広がるチョコレートをかじりながら読む。甘いけれど、確かにチョコを食べたのだという苦さが最後に残る。
    誰もが幸せになりたいだけなのかもしれない。

  • チョコレートに魅了された一匹の魚。もうほかのものでは満足できなくなって、、
    読み終わった後心がざわつくのに、再び読みたくなる不思議な絵本。ぜひ大人の方にも読んでほしい。

  • チョコレートの美味しさに、天にも登りそうな魚が可愛い。
    知らなかった方が幸せ。とは思えません。
    待ち望んでいる時間が一番、幸せな時間だったはずだから。
    大人が読むべき絵本。

  • ひとかけらのチョコレートを食べた魚の「ぼく」が、チョコレートに翻弄され生まれ変わって、男の子に転生するお話。
    ストーリーがループするような作りになっていて、面白い。
    「ぼくは しんだ」が結構ショッキングで、驚いた。
    チョコレート色の絵が、とても目に優しい絵本。

  • 自由に魚としての人生を謳歌していたのに、チョコレートを食べた途端に…。
    絵本をジャケ買い。笑

    人生って何だろうということを考えさせられてしまう絵本。魚は幸せだったのか。チョコレートを食べるべきでなかったのか。とはいえ、食べちゃったものはしようがないし、美味しかったものはしょうがないと思うしね。うーん。

  • ただこのほんがよみたい

  • シロにおしえてもらった絵本

    せつないさかな
    しらないにんげん

  • チョコレートを食べていなければ今の生活に満足していたのに、偶然食べてしまったばっかりに頭の中が毎日チョコレートでいっぱいになってしまうさかな。
    チョコレートを食べたさかなは幸せだったのか。

    短い絵本ですが、読んだ後に良いモヤモヤが残る本でした。

    チョコレートに何を代入して読むのか、さかなは幸せだったと思うかを誰かと話したくなる本です。

    私はさかなはチョコレートを食べて良かったと思いました。今に満足するのは大事なことだけど、心が動くものに出会って、頭の中が毎日それでいっぱいになるくらい夢中になれるものがあったほうが結果はどうあれ人生(魚生?笑)は楽しいんじゃないかって思います。
    千年女優のラストのセリフを思い出しました。

    時間が経って自分の境遇に変化があったらまた思うことも違うのかなと思って本棚に大事にとってあります。

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道教育大学を卒業後、大阪のデザイン事務所でデザインやイラストレーションを担当。その後、独立するとともに絵本の制作を始める。1984年『ワニくんのおおきなあし』が「第1回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本大賞」を受賞。主な作品に『ワニくんのめざましどけい』『ぼく、どこにでもいるカバです』『チョコレートをたべたさかな』などがある。

「1998年 『楽しもう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

みやざきひろかずの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×