まんげつのよるまでまちなさい

制作 : ガース・ウイリアムズ  まつおか きょうこ 
  • ペンギン社 (1978年7月発売)
3.59
  • (14)
  • (14)
  • (33)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :190
  • レビュー :21
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892740053

まんげつのよるまでまちなさいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あらいぐまのぼうやは、夜が見たくて見たくてたまりません。
    でも何度頼んでも、お母さんの返事は決まって「満月になるまで待ちなさい」。
    待って待って待ち続けて、とうとう満月の夜が来て、ぼうやは明るい満月の夜に出ていったのです。。

    敬愛するマーガレット・ワイズ・ブラウンの作品。
    「すべてのものには時がある」と言ったのは誰だったか、そんな言葉を思い出します。
    大人が何度読んでも発見があり、子供にも何度でも読んであげたい、そんな名作です。

    ガース・ウィリアムズの絵は、一番最後の満月の夜の場面まで、色を極力控えてあります。白黒と、深いブラウンのみ。
    それなのに、雄弁に語りかける力をもつ、お母さんの賢さとぼうやの愛らしさ。
    とりわけ、眠りにつくまでお母さんの膝に抱っこされている絵は、あまりの可愛らしさについ笑顔になってしまいます。そして、月の光のもとで踊る、動物たちのなんと可愛いこと。
    上質のファンタジーのようでありながら、この世の大切なことを、しみじみと語りかけてくる一冊です。
    まつおかきょうこさんの訳は、お話のなかに上手に歌も入れています。
    お母さんとぼうやの語る場面も、ただ教育的なわけではなく、リズミカルで楽しめます。

    待つことの大切さとその意義を、魅力的な絵とともに教えてくれる絵本など、これ以外に見たことがありません。
    子供の欲求のままに与えるのではなく、上手に待つことを教えていくうちに、ぼうやも育っていきます。
    内なる「時」と外なる「時」が見事に一致したとき、満月の夜に遊ぶ楽しさもあったのでした。
    親とは、母親とはこうあらねばならないと、賢明なあらいぐまのお母さんに頭を垂れてしまいます。

    それにしても、ああ、ぼうやは野球のバットをかついで満月の夜に出ていくのですよ!可愛いったらありません!

  • 夜を見たいというアライグマの坊やに、お母さんは「満月の夜まで待ちなさい」と言う。夜についての興味が尽きない坊やは、あれこれおかあさんに質問するも、答えはいつも「満月の夜まで待ちなさい」だった。
    その間にも坊やは少しずつ大きくなり、とうとうもう待つことに我慢ができなくなった時、まさに満月の夜が来たのだった。

    「待つ」ことを余儀なくされる子どもは、待つ間にも成長し、その時期が来たときには、子どもの側にも十分な準備ができているものだと示唆される。

  • とてもとても、美しい絵本です!amazonにいくと表紙を見ることができますので参考にしてくださいね。
    あらいぐまのぼうやは、夜を見たくておかあさんにせがみます。
    いつでも答えは『まんげつになるまでまちなさい』。
    子供には待たなければいけないときがたくさんあります。
    そして待つことを乗り越えるときにはとても成長しているのです。
    文体はとてもやわらかく、何より絵の素晴らしさ!!
    訳をされた松岡享子さんのあとがきも素敵です。
    大好きな絵本です。

  • あらいぐまのぼうやがおかえさんに
    何かをしたいと言うといつも
    まんげつのよるまでまちなさい
    と言われます。

    言われたとおりに待ちつづけたあらいぐまの
    ぼうや、最後にはまんげつのよるが
    来て、家ではない広い世界へ
    飛び出していきます。

    あとがきのように
    待たなくてはいけない子どもたちも
    時が満ちれば(=月が満ちれば)
    かなえられることがあると
    ふんわりと伝えているのだろうなと
    思いました。

  • まんげつのよるまで、なんでまつの?と思いました。

  • 優しいお話し。それでいてお母さんがきっちり「待つ」ということを坊やにおしえている。ラストもすてき。

  • たまたま、おやすみで見ていた「あさイチ」で、「まれ」の太鳳ちゃんが、
    この絵本のお話をしてた。

    読むと考えさせられるなぁ。

    今は、遊びも勉強も道具も
    、何でも早め早めに子どもに与え過ぎているような気がして。

    子どもの我慢は親の我慢でもある。
    大人が我慢できなくなってるんじゃないかなって思う。

    満月まで待って、そして「行くよ!」と言う子どもには
    「さぁ、いってらっしゃい」と言える、アライグマ母、素敵です。

    私は、きちんと我慢できただろうか。

    訳者の松岡さんのあとがきも素晴らしかった。

    一部抜粋
    「子どもには待たなければならなことがどんなに多いことでしょう。
     用事がすんでから。
     明日になったら。5つになったら。
     おとなになったら。
     子どもたちに示される目標のときは、
     ほんの少し先からうんと遠い先までさまざまですが、
     とにかく子どもたちは待たなければならないのです。
     そして、子供たちは待っているあいだに
     日に日に成長しときが満ちるころには、
     願ったものが与えられるにふさわしい自分に育っているものなのです。

  • 満月の日は、すべてが許されるような気がします

  • とても綺麗な状態です。

  • アライグマの子が夜の事を知りたがったり起きていたいのを「まんげつのよるまでまちなさい」と言い続け、ついに満月の夜がやってくる。動物達のほのぼのとした世界がやさしい絵で表現されている。

全21件中 1 - 10件を表示

マーガレット・ワイズ・ブラウンの作品

まんげつのよるまでまちなさいに関連する談話室の質問

ツイートする