日本とアジアの大東亜戦争―侵略の世界史を変えた大東亜戦争の真実 (もっと日本が好きになる親子で読む近現代史シリーズ)

著者 :
  • ハート出版
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892959653

作品紹介・あらすじ

15世紀から500年も続いた、西欧列強による植民地支配。この、白人による植民地支配に従わない国が、極東にひとつだけあった。それが、わたしたちの祖国、日本である-。なぜ戦争は始まったのか、本当に勝利したのは誰なのか。この一冊で「大東亜戦争」のすべてがわかる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本がもっと好きになる、親子で読む近現代史

    教科書には書かれていない「本当の歴史」
    15世紀から500年続いた白人の植民地に支配に従わない国が、ひとつ。それが、私たちの祖国、日本であるーー。

    なぜ戦争は始まったのか?
    本当に勝利したのは誰なのか?

  • 日本が戦争に突入した本当の理由、そして戦後アジアに与えた影響は、今まで
    あまり語られて来なかった。
    それは、日本が戦争に負けたから・・・。

    世界を支配しつつあった西欧列強国に危機感を抱きはじめた日本。
    強い国にならなければ、日本も植民地にされてしまうと考えた。

    明治維新後日本は近代化し、日清、日露戦争に勝利して、列強国と肩を並べる
    国になった。
    しかし、アジアの小国日本がこれ以上力をつけるのを、快く思わない国があった。

全3件中 1 - 3件を表示

吉本貞昭の作品

ツイートする