ひっそりとスピリチュアルしています―えっ! ?意外! 神仏はこんな人が好き

著者 :
  • ハート出版
3.89
  • (12)
  • (21)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 169
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784892959790

作品紹介・あらすじ

人に話せない・聴けない不思議で神秘的な体験を書き下ろした、目からウロコの神仏論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私は嫌われているので、お目に掛かれそうにありませんが、、、黒い方の神様?には、ひょっとしたら、、、

    ハート出版のPR
    「人気ブログが待望の本になりました!
    (アメーバブログ・スピリチュアル部門)

    神さまと仏さま、守護霊と幽霊の違いやお役目は?
    神社仏閣は何のために行くの?
    あなたのスピリチュアルな疑問がこれですっきり分かります。

    人に話せない・聴けない不思議で神秘的な体験を書き下ろした
    目からウロコの神仏論

    運気をどんどんアップするには、どうすればいいの?
    簡単なコツを実践すれば、毎日ぐんぐんハッピーに

    憑依体質の家系に育った著者は「見える幽霊」に悩まされながら、
    全国の神社仏閣を巡り、精神修行を重ねた末に「見えない霊」
    にたどり着いた。

    スピリチュアルな本音が詰まっています! !

    神は人間の形をしているのではなく、空や大地や空気のように、どこにでも遍在していて、
    すべての生物の面倒を見、愛情を注いでいます。

    地球上だけでなく、例えば地球や他の惑星が、前後左右上下ある広い宇宙空間の中を、
    間違えずにちゃんと軌道を公転する、これを行っているのが神、というよりも、
    この法則をつかさどる“力"が神ではないかと思います。

    宇宙の法則、および、宇宙の理が神なのです。

    つまり神は、宇宙の法則であり、愛そのものであり、宇宙のすべて、なのだと思います。
    ですので、神道でいう神様、仏教でいう仏様は、
    厳密には「高級霊」もしくは人間に転生したことがない「高級自然霊」です。(本文より)」
    ひっそりとスピリチュアルしています
    http://ameblo.jp/holypurewhite/

  • 【動機】著者がどのように現在に至ったか、著者の環境や「見えない世界」の基本的なことを知りたくて

    著者のほかの本やブログを読み、著者の基本的な物事や事象の捉え方などを知りたいと思っていた。明け方(午前4時から日の出まで)の時間が清浄なこと、眷属は参道を司っていること、幽霊を見ているときは幽霊からもわかることなど、新しく知れてよかった。神社の参拝を繰り返して波動をあげられること、一升瓶を祈祷申し込みのところで奉納することなど、実行したいと思った。

  • お稲荷さんとの接し方やペットの死についてなど、印象的な話がたくさんありました。

    観光で訪れた土地の神社などには行っても、地元の神社には年末年始ぐらいにしか挨拶に行けていないので、もっと小まめに足を運びたいです。

  •  分かる人にはわかるが分からない人は分からないで良いというのは良くないことなのかな。

     神仏の存在を感じられる人と感じられない人の差とはいったい何?

  • 幽霊のことや神様のお話は正直、わからないことばかり。

    でも、なんとなく正しい事を言っているのかなという雰囲気の文章でした。

    神社などの正しいお参りの仕方をしらないと怖いんだなあと思いました。

  • ペットは神様のお仕事の手伝いをしていて、亡くなったら供養は不要で、神様が面倒見てくれるという文に涙が溢れた。

  • 『神社仏閣パワースポットで~』からを読み始めたので、こちらも神社仏閣の紹介なのかな~と軽い気持ちで読んでいたら・・・・憑依やお化けの話があって恐かった。
    夜寝る前に読書する習慣があったので、なおさら恐くなっていた。
    正直、途中読むのが苦痛になってきて、しんどかった。

  • これまでにさまざまなスピ系の本を読んできましたが、そこですっきりしなかったことを解決してくれたことが嬉しいです。特にいわゆる一神教のGODの位置づけと、多神教の「神」の位置づけがもやもやしていましたが、とてもクリアに解説していて、その内容も納得できるものでした。そして高級霊である「神様」への接し方も改めて考えさせてくれました。

  • Amazonで人気があったので読んでみた。
    ブログをまとめたものらしいが、とても読みやすいし、内容にも素直に共感できて、予想以上だった。
    この著者は、神社の神様とコンタクトができるらしい。そこで言われていることも、やっぱりそうだろうな~と思うような内容だった。
    山岳系、平野系という神様の区分の仕方や、仏様と神様の担当の違い(神様は現実の世界、仏様は見えない世界)、金木犀が魔除けに良い、といった話が特に面白かった。
    この人の本は他のものも読んでみたい。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

桜井識子(さくらい しきこ)
1962年広島生まれ。祖母が霊媒・霊能者、祖父が審神者という特殊な霊能力を持つ家系に生まれ、幼少期の頃より多くの霊および神仏にふれて育つ。家系によるもって生まれた霊能力に加え、長年の修行の成果により、神仏関係の波動が高いものや眷属の姿を見ること、神様仏様の声を聞くことができるようになった。多くの神社やお寺・パワースポット巡りを行い、その詳細をブログや書籍で紹介。神仏にご縁をもらうありがたさ、そのご縁をもらうコツ、神仏にもっと近くなる方法、など、スピリチュアルに関するさまざまな話を発信している。2019年6月20日、『あなたにいま必要な神様が見つかる本 「ごりやく別」神社仏閣めぐり』を刊行。

桜井識子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロンダ・バーン
宮下奈都
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ひっそりとスピリチュアルしています―えっ! ?意外! 神仏はこんな人が好きを本棚に登録しているひと

ツイートする
×