NHK連続テレビ小説 スカーレット ノベライズ上巻

  • ブックマン社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893089205

作品紹介・あらすじ

2019年10月よりスタートのNHK朝の連続ドラマ「スカーレット」のノベライズ上巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2019年下半期の朝ドラ「スカーレット」が大好きで大好きで、ロス状態の心の穴を埋めるため、この度ノベライズを購入。個人的にはノベライズはあまり好きではないのだが(原作者とは違う書き手が手がけるから)、本作品はドラマの空気感やテンポがしっかり感じられ、するすると読みやすい。ストーリーはバッチリ頭に入っているというのに、夢中で一気読みしてしまった。
    台本をベースに書かれたものなので、実際の放送とは細かいところが違っていたりする。とはいえ作品のカラーを損ねるほどではないし、きっと現場での俳優やスタッフ達とのやりとりで、よりよい方向に変わっていったのだろうなということが窺える。放送ではもしかしたらカットされたのかなと思える場面、詳しい状況説明の部分などは、ノベライズで読めてよかったなと思える。
    上巻は、信楽にやって来たヒロイン・喜美子の少女~青春時代。家族に、時代に翻弄される彼女の人生はままならないものだが、その都度自分の気持ちに折り合いを付けながら成長していく喜美子の逞しさ・しなやかさに、放送時どれだけ励まされたか。今回も、ページを捲りながら何度も泣きそうになった。ザ・昭和な親父で、視聴者の反応も賛否両論だった父親の常治だが、無茶苦茶してるようで結構正論言ってるよなぁと改めて気付かされる。心に刺さるセリフがたくさんあり、ああ~懐かしいなと思い出しながら、サントラ聴きつつ「スカーレット」ワールドにどっぷり浸るのだった。
    ドラマ未見だった方にも手にとってもらえたらと思う。仕事、家族、夢、恋愛。単語として並べると何ともありふれた、私達にとって当たり前な事象が、リアルに、熱っぽく、心をガンガン揺さぶってくる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1964年生まれ、石川県出身。フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに脚本家デビュー。主な執筆作に、映画「冷静と情熱のあいだ」「映画 ホタルノヒカリ」、ドラマ「妹よ」「みにくいアヒルの子」「ビギナー」「ホタルノヒカリ」「母になる」など。NHKでは、ドラマ10「つるかめ助産院~南の島から~」、土曜ドラマ「みかづき」など。

「2019年 『連続テレビ小説 スカーレット Part1』 で使われていた紹介文から引用しています。」

水橋文美江の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×