りんごがころん

  • ブロンズ新社
4.10
  • (13)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893094544

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • りんご、傘、お餅にロウソク、バネ、ケチャップ、どう変化するのかワクワクするようで、ページをめくるたびに大爆笑。元々言っていた言葉に加えて、ぷくー、とぐにゅ(にゅっ!)をマスター。これは良いですね❤(1歳7ヶ月)

  • おはなし会で初めてろうそくを出すときに紹介できたら楽しいなー。
    いろいろ遊べそう。
    鳩時計ぽぽ〜 も8時指してるから8回みんなで言ってみようかなん(笑)
    最後のろうそくの火はみんなに吹いてもらおうかな?
    次を想像できて楽しい。

  • りんごがころん。幼児向け絵本

  • チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

    2009/10/15
    チビ2号、幼稚園、「読みの時間」にて

  • 自分で選んだ本。
    あかちゃん絵本なので、一人で音読可能。
    最後のろうそくのところは、火を消してといってくる。

  • 娘の1歳の誕生日に購入。
    りんごが転がるところでは、娘もころん。
    4歳の息子が娘に読み聞かせしたりしてます。
    http://okiraku0508.blog103.fc2.com/blog-entry-534.html

  • 娘の1歳の誕生日に購入。
    りんごが転がるページでは、娘もころん。

  • 8ヶ月〜
    忘れもしない、図書館で借りた際にラストページを噛みちぎって弁償した絵本です。その後、今二歳に至るまでお気に入りの一冊になりましたが。
    りんご、傘、はと、ロウソク、息子の大好きなものばかり。

  • りんごやケチャップなど、身近なモノの写真とその擬音を紹介した本です。

    この本では自分では動かないモノ達がテーマなので、親しみやすく実際にそのもの自体が動く同シリーズの「てんとうむし ぱっ」より、小さいお子さんにはややしきいが高いかもしれません。

    字が少なく動きのある写真なので、字を覚え始めの頃、特に擬音によく使われる濁音や半濁音(ぱ、ばなど)、拗音や半濁拗音(きゃ、ぴょ、など)、促音(ぱっ)を覚えたり読める様になった頃にもおススメです。

  • リピート率が高い。りんご、ころん…
    ってただそれだけなんだけど、こどもにはウケている(2歳1か月)

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1976年男性保育士第1号となる。トラや帽子店を結成。「世界中のこともたちが」など多くの歌を発表。絵本に「さつまのおいも」ほか多数あり。

「2017年 『あれあれ だあれ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中川ひろたかの作品

ツイートする