落語えほん しまめぐり

著者 :
制作 : スズキ コージ 
  • ブロンズ新社
3.93
  • (3)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095152

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 落語絵本。
    読み聞かせにテンポがよくて良いんじゃないかと読んでみた。
    確かにテンポは良いんだけど、内容が品がなくて複雑…。
    この内容にスズキコージの絵は洋風で会わないかもと思っていたんだけど、この内容だからこそスズキコージの絵に救われているよう。
    下品になりきらなくて良かった。

    この人普通の大きさなのにさ、大きくなったり小さくなったりしたように感じた。
    それで、最後のここはどこなの?S10

  • スズキコージ!
    もう、スズキコージさ満載!
    すごいよねえ!
    話はもうひとつかな。

  • 5-1

  • 今夜の読み聞かせ。
    音のリズムがきもちいい。
    息子の大好きな下の話。
    にっこり笑っておやすみなさい。

  • 落語ぽくはないけれど…オチもしっかり子ども向けで面白い
    スズキコージ氏の絵が不思議な世界をさらに盛り上げている

  • 小人の国に行ったり、巨人の国にいったりすることで、主人公が大きくなったり、小さくなったりするのが楽しい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1960年三重県生まれ。1979年桂枝雀に入門。1995年四代目桂文我を襲名。現在、年間300回程の落語の高座をつとめる。全国各地で「桂文我独演会」「桂文我の会」を開催。また、子ども向きの落語会の「おやこ寄席」も開催している。落語を題材とした絵本に、『えんぎかつぎのだんなさん』(福音館書店)、『りゅうぐうじょうでさがしもの』(童心社)、『ふたりでひとり』(フェリシモ出版)、『しまめぐり』(ブロンズ新社)、『月きゅうでん』(小学館)、「桂文我のでっち絵本」シリーズなど多数。

「2019年 『いちはちじゅうのもぉくもく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桂文我の作品

ツイートする