マルマくん かえるになる

著者 :
  • ブロンズ新社
4.26
  • (8)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 98
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095589

作品紹介・あらすじ

ゆっくりだっていいんだよ。おたまじゃくしのおっぽがのこったちいさなマルマくんが、ゆっくりゆっくりかえるになるまで-美しい銅版画の絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • がませんせいが言った「こまったことが おきたら しずかに よく かんがえること。そして べんきょうすること。すると こまったことは すこしずつ すてきなことに かわっていくよ」という言葉がとても印象的だった。自分自身が、がませんせいに励まされた気がした。マルマくんたちはがませんせいがいて、とても幸せだなぁと感じた。

    また銅版画が細やかで、色づかいも鮮やかで目を奪われた。
    とても素敵な絵本。

  • がませんせいがいてくれて、よかった。
    それぞれのリズム、スピードがある。
    「ゆっくりだって いいんだよ。」
    帯の言葉が、胸にしみて、しみて。
    子どものときのわたしに言ってあげたい……
    銅版画が、本当に美しいです。
    (丸善丸の内店にてゲット。
    あした、代官山蔦屋書店に原画展を観に行くー。)

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「原画展を観に行くー。) 」
      羨ましい~
      「原画展を観に行くー。) 」
      羨ましい~
      2013/04/01
  • 銅版画の美しさ。

  • できないことができるようになるまで、そっと寄り添ってくれる“がませんせい”や“マダムかたつむり”の「ゆっくりって すてきなことね」の言葉に見守られて、マルマくんたちは困難を乗り越える。愛情たっぷりの言葉にグッときたり、温かな目線にハッと胸を突かれたり…。
    子どもの成長は人それぞれ、遅い早いはあれど、この絵本の蓮の花のようにいつか一人一人の花が開いていくのだろう。親の自分に響いた。
    色鮮やかな銅版画も素晴らしい。何度も読み返したくなる絵本だった。

  • ゆっくりでいいというメッセージ。

    <blockquote>「こまったことが おきたら しずかに よく かんがえること。
    そして べんきょうすること。 すると こまったことは
    すこしずつ すてきなことに かわっていくよ」</blockquote>

  • カエルになりきれていないマルマくんたちとそれを支えるガマセンセイのはなし。
    ガマセンセイを気に入ったみたい。
    C8771
    蔵書

  • たくさんの子どもたちが目を輝かせて聞いてくれました。
    「(成長は)ゆっくりだっていいんだよ」
    「こまったことがあったら、しずかによくかんがえて、べんきょうすること。こまったことがすてきなことになるよ」
    絵が綺麗なだけでなく、子どもたちに贈りたいことばがたくさんちりばめられています。

  • マダムかたつむりの言葉「あなたがたがゆっくりゆっくりかえるになるのをとおくからいつもたのしみにみてたの。ゆっくりってすてきなことね」
    すごく心にしみいった。子供をそんな風に見守りたいと思った

  • 9分45秒☆ゆっくり育つことを、あたたかく支えるお話。

  • 『マルマくん かえるになる』刊行記念 広瀬ひかり銅版画展
    2013年2月刊行の、銅版画絵本『マルマくん かえるになる』(文・片山令子)の版画をはじめ、銅版画家広瀬ひかりの版画作品を多数展示販売いたします。
    【会期】2013年3月1日(金)~31日(日)
    【会場】代官山 蔦屋書店1号館 7:00〜深夜2:00
    【お問合せ】Tel:03-3770-2525
    ◎アクセス
    〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
    電車 東急東横線「代官山駅」より徒歩5分
    バス 東急トランセ「渋谷駅」→「代官山Tサイト」
    http://www.bronze.co.jp/news/
    http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/2320.html

    ブロンズ新社のPR
    「おたまじゃくしのおっぽがのこった、ちいさなマルマくん。うまくおよげなくて泣いていると、はすバスに乗ったがませんせいがやってきて、特別授業をしてくれます。うきわと水中めがねを装着して、泳ぎかたをならいます。マルマくんたちはゆっくりゆっくりかえるになって...... 」

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年群馬県生まれ。詩人。著書に詩集『夏のかんむり』(村松書館)、絵本『たのしいふゆごもり』(福音館書店)、「のうさぎのおはなしえほん」シリーズ(ビリケン出版)などがある。2018年没。

「2021年 『おねぼうさんはだあれ?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

片山令子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
シゲタ サヤカ
岡田 よしたか
加藤 休ミ
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
ジョン・クラッセ...
ヨシタケ シンス...
やぎ たみこ
ヨシタケシンスケ
マージェリー カ...
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×