てつぞうはね

  • ブロンズ新社
4.30
  • (37)
  • (33)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 270
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893095756

作品紹介・あらすじ

「情熱大陸」で大注目の絵本、いよいよ発売!

てつぞうはね、わたしのねこ
しろくて ふかふかのねこ
すわると おにぎりみたい
すっごく でっかいおにぎり

愛猫・てつぞうとの大切な日々をつづった、
ミロコマチコ、魂のこもった絵本!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 伸びやかな挿絵の、ミロコマチコさんの作品。
    表紙でちょこっと首を傾けてこちらを見ているのが「てつぞう」で、裏表紙には白黒の猫「ソト」と「ボウ」が描かれているしくみ。
    タイトルの通り、「てつぞうはね」と何度も語りかけてくる。
    その「てつぞう」の可愛らしさを描いたものかというと、それだけではない。
    猫が家にいるひとなら(そう、飼っているなんて決して言わないのが猫の飼い主さんの面白いところ。だって、飼っているんじゃなくて、あの子たちは家にいるんだからね)数々の「てつぞう」の描写は、うんうんと頷くところだらけだ。
    「すわると おにぎりみたいな しろくて ふかふかの てつぞう」が、どんなに作者さんにとって大事な猫だったか、もうあふれんばかりだ。
    春・夏・秋・冬の過ごし方なんて、「うん!!!うん!!!!」である。
    それだけに、喪失の場面はそれは切ない。
    ごく短い文章で綴られているが、その後に続く文章なしの1ページで、思わず涙をのむ。

    「てつぞう」の亡き後は、今度は「てつぞう」に語りかける文章にと変わる。
    亡くなってどれほど月日が経っても、愛おしいままの「てつぞう」。
    ミロコマチコさんの「てつぞう」へのあふれる愛に、共感の嵐である。
    ゆっくり読んで5分。
    これはもう、4,5歳くらいから大人までOKかと思う。
    「猫普及率」を高めるために(笑)、この一冊をぜひ。

  • 雑誌MOEでしたか、雑誌で紹介されているのを見て気になっていました。しかし何となく内容的に泣かされるような予感がして手に取るのを躊躇していました。

    絵がダイナミックでいいですね。猫のふくふくとした感じがどこからでも伝わってきます。特に洗面台一杯のてつぞうには笑わされてしまいます。「てつぞうはね」という語り口も優しく、てつぞうを描く人のてつぞうへの愛情を感じられます。

    前半のふくふくとしたてつぞうの絵があるからこそ、たった一ページの小さくなったてつぞうの姿が胸に迫ってきます。

    それからあたらしい「家族」がやってきて、かつて彼と眺めた花咲く季節が巡ってきます。新しい家族と観る桜に、かつて彼と観た桜を重ねる…。

    大切な「家族」大切な「人」がいなくなっても、変わらず訪れるもの、巡ってくるものがあるということが大きな慰めになるということを改めて感じさせられる絵本です。

  • かつての飼い猫てつぞうとの思い出話。
    淡淡とした文章とミロコマチコさんの絵がマッチしている。

  • 「てつぞうはね・・・」で語りかけるような話がよい。
    くりかえし出てくる「てつぞうはね・・・」もとてもよい。
    じ~んとくるおはなし。

  • 情熱大陸にミロコさんが出演した際に製作していた絵本。
    消えていく命・新しい命へのあたたかい眼差しに溢れていました。
    吸引力のある絵と文章のバランスが絶妙で、誰かに語りかけたくなる絵本でした。

  • 2013.11.17読了

  • てつぞうで足を拭く場面が好き。
    私も猫なら、夏は洗面台で寝るかも。
    ラストに涙が浮かんだ。

  • てつぞうが弱くなっていく姿に胸が締め付けられます。

  • 愛猫に向けたラブレターなんだけど
    読んでいる私たちの気持ちにも語りかけてくるんだなぁ

  • 愛おしいことはとても苦しい

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。画家・絵本作家。全国各地で展覧会を精力的に行う。著書に『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス、第18回日本絵本賞大賞)、『てつぞうはね』(ブロンズ新社、第45回講談社出版文化賞絵本賞)、『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房、第63回小学館児童出版文化賞)、『オレときいろ』(WAVE出版、ブラティスラヴァ世界絵本原画展2015・金のりんご賞)、『けもののにおいがしてきたぞ』(岩崎書店、プラティスラヴァ世界絵本原画展2017・金牌)などがある。2018年、第41回巌谷小波文芸賞を受賞。本の装画やCDジャケット、ポスターなども手がける。

「2019年 『ドクルジン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミロコマチコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みやこし あきこ
岡田 よしたか
高畠 那生
フローレンス ス...
ヨシタケシンスケ
工藤ノリコ・作/...
富永まい 中尾...
ローレンツ パウ...
あおき ひろえ
みやこし あきこ
いまい あやの
ジョン・クラッセ...
蜂飼 耳
tupera t...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×