ねこまみれ帳

  • ブロンズ新社
4.62
  • (9)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893096234

作品紹介・あらすじ

あぁ、家に猫がいるってすばらしい!!愛する猫との日々をつづった、くすっと笑えてほんわかあったかい、はじめてのイラストエッセイ&マンガ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 猫の描写が的確。絵と擬音がいい◎
    寝てるとこの絵がツボ。
    家に猫がいる生活を再びしたくなる。

  • 猫好きさんなら どのページもにんまりして ホロリとして
    わははと笑えることばかり
    らくがき風のワイルドな絵がとても温かみがあって
    幸せな気持ちで読めました

  • ミロコマチコさんの「ねこまみれ帳」(2016.12)、川口市図書館に予約し、八潮市図書館から借りて(回して)いただきました。初代鉄三という猫への愛情と2代目兄弟猫のソトとボウ(外房からw)への愛情が、こまやかな観察(あるあるw)をもとにした「マンガ」と「エッセイ」で描かれています。後半は「ソトとボウが脱走したときの必死で探しまくる著者の様子」と「迷子猫を3匹目として飼うかどうか迷いつつ病院に連れて行きマイクロチップで飼い主がわかりとても喜ばれた様子」が漫画で描かれています。

  • ミロコさんの猫はの深い愛情に感動。泣けてしまった。

  • 「先生、鉄三はね。」から始まるエピソードと絵は、とにかく面白くて、ゲラゲラ大笑い。あるあるーってことから、えっー!?ってことまで、全部全部、猫愛に満ちています。
    そして、鉄三さんのエピソードが前半で終わってしまったことには、切ない気持ちに・・・。

    後半は、ソトちゃんボウちゃん兄弟のエピソードとなり、こちらもまた愉快。ソトちゃんボウちゃんの名前の由来も、ナイスセンス!

    楽しい気分になることまちがいなし!の一冊です。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。画家・絵本作家。全国各地で展覧会を精力的に行う。著書に『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス、第18回日本絵本賞大賞)、『てつぞうはね』(ブロンズ新社、第45回講談社出版文化賞絵本賞)、『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房、第63回小学館児童出版文化賞)、『オレときいろ』(WAVE出版、ブラティスラヴァ世界絵本原画展2015・金のりんご賞)、『けもののにおいがしてきたぞ』(岩崎書店、プラティスラヴァ世界絵本原画展2017・金牌)などがある。2018年、第41回巌谷小波文芸賞を受賞。本の装画やCDジャケット、ポスターなども手がける。

「2019年 『ドクルジン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ミロコマチコの作品

ツイートする