リサとガスパールとうきょうへいく

制作 : ゲオルグ ハレンスレーベン  Anne Gutman  Georg Hallensleben  石津 ちひろ 
  • ブロンズ新社
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (26ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893096333

作品紹介・あらすじ

リサとガスパールシリーズ最新巻。あのふたりが東京にやってきた!東京タワーやスカイツリー、人気スポット渋谷へ。ゲームセンター、プリクラ、ハチ公前・・・楽しいことだらけで、あれ、迷子になっちゃった!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リサとガスパールがとうきょうにやってきた!東京タワー、スカイツリー、ハチ公!途中でガスパールとはぐれてしまうリサ。でもちゃっかりプリクラ撮ったり、ゲーセンにも行く。。。最後のガスパールの台詞がいい。

  • 外国人からみたトーキョーの姿。リサがプリクラ撮ってるのなかなかうける(笑)

  • 食いつき:★★
    娘の感想:どっちがリサなの?
    親の感想:黒い方の子は大家族だったのね。

  • ★★★☆☆
    リサとガスパが東京に来たよ!
    プリクラってるのが衝撃でした。
    (まっきー)

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

フランス・パリ生まれ。
小説家だった父の影響で、絵本の創作活動に入り、1980年には父と組んで最初の絵本を出版。
99年に夫のゲオルグ・ハレンスレーベン氏とともに「リサとガスパール」を生みだし世界中から注目される絵本作家となった。本シリーズでは、お話とブックデザインをうけもっている。
現在は夫と3人の子どもたちとともにパリ在住。

「2017年 『リサとガスパールとうきょうへいく』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アン・グットマンの作品

ツイートする