おつきさまは、よる、なにしているの?

制作 : Anne Herbauts  木本 栄 
  • ひくまの出版
3.71
  • (11)
  • (10)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 105
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893172419

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビッグサイズの絵本。昼間は眠っているお月様の仕事とは。

  • 魔女みたいなお月様のビジュアルが独特の雰囲気。抽象的な絵と詩情溢れる文が素敵。でも読み聞かせしながら、この感じは息子好みじゃなさそうと思ったらやっぱりだった^^;お月様見るのは好きなんだけどな~。
    働き者のお月様の夜は忙しい。お月様が楽しい夢をばら撒いて悪い夢を閉じ込めてくれるなら、安心して眠りにつけそうな気がする。お月様とネコちゃんの距離感もいい感じ。

  • みんなが眠っている夜、ぽっかり空に浮かんでいるだけだとばっかりおもっていた月に衝撃の事実!
    お月さまって、夜は働いていたのねぇ
    月がぐっと親しみやすい存在になりますね。

  • 昼間は眠っているお月様の、夜のお仕事の話。
    全体的に暗い色使いが気になるのだけど、
    話自体は至ってファンタジックで、可愛らしい。
    主人公の「おつきさま」の表情も明るい。
    そんな面白いバランスの本。
    「さあ、おうちへ かえろう。」と言って歩きだすお月様の後ろ姿が、ほっこりする。

  • まず大きいのが良い
    好き

    お月様のお仕事

  • 2013年10月16日

    <Que fait la lune,la nuit?>

  • 2013/09/03 2-1

  • すごく大きな絵本。
    おつきさまはよるなにをしているのでしょう。
    夜空に星を描いたり、野原の雲や霧を追い払い、夜のカーテンをひき、楽しい夢をばらまいて、朝になったら眠ります。


    素敵。
    アンネ・エルボーさんの夜の雰囲気の絵がとても合っています。
    個人的にほしいなあ。

  • う〜ん、表紙とタイトルにひかれたのですが…中身も絵も、あまり好みではなかったかも…

  • 大きな絵本 ゆったりとした空気感
    寝る前の読み聞かせには ぴったりなまったり感

全16件中 1 - 10件を表示

アンネ・エルボーの作品

ツイートする