こりすの はつなめ

著者 :
制作 : 柿本 幸造 
  • ひさかたチャイルド
3.83
  • (3)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893253064

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冬眠から 目覚めたら 手のひらを なめるのかぁ~はじめて 知った!!

  • こぐまが冬眠前にしていること、かわいすぎます。こりすは、そんなこと、はじめて!気になるから、まねしてみたんだねσ(^_^;)
    本当にやっているのかなー冬眠前のくまさん

  • いもとようこさんバージョンもあったのね。
    http://booklog.jp/item/1/432303881X
    でも読んでいただいたのは、『どんくまさん』シリーズでうちの子たちになじみの深い、柿本幸造さんバージョンでした。
    いもとさんの絵も柿本さんの絵も、ふわふわもふもふっぷりがすごく感じられる絵柄だから、お話にすごく合っているよね。
    特にラストシーンの、こりすがいろいろな味を想像している見開き、あれは柿本さんオリジナルなんだろうけれども、いもとさんバージョンでもあるのかしら?
    機会があったら両方読んでみたいですな。

  • 子リスがクマにぶどうをあげると、クマは1つぶ食べただけであとはつぶしてしまう。
    どうしてそういうことするのか不思議に思って聞くと、クマは冬眠の間物は食べないし、冬眠から目が覚めてお腹が空いていてもすぐに食べ物が見つかるとは限らない。
    だから、手に果物や虫のすり潰したものを染み込ませておいて、色々な味が混ざったものを舐めて空腹を凌ぐのだとか。
    それを知った子リスはクマに自分にも舐めさせて、と言い、冬眠から目覚めてクマのところへ行ってもクマがなかなか起きてくれないので、一足先に舐めてみる。

    クマが手を舐めるのは手についたものを舐めているのがとは思っていたけれど、冬眠明けの食事にもなるとは知らなかった。

  • 冬ごもりの習性を知る事ができます。

  • こぐまとこりすがなんとも言えない良い表情をするんです。すごく感情移入してしまいました。
    幸せが伝染する絵本だと思います。ほわわわ~v

全6件中 1 - 6件を表示

こりすの はつなめのその他の作品

浜田廣介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サトシン
平田 研也
A.トルストイ
マージェリィ・W...
かがくい ひろし
モーリス・センダ...
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする