タベールだんしゃく

  • ひさかたチャイルド (2011年12月1日発売)
3.80
  • (5)
  • (11)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :66
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893253217

タベールだんしゃくの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 簡単なお話だけれど、こういう教訓めいたもののない楽しいお話すき。

  • わりと好きかも(笑)
    書き込みの少ないシンプルな絵が
    ストーリーを一直線に引っ張っているのがいい。

    だんしゃくのやせるための様々な努力がいい(^^)
    我が身を見るようですね(笑)

    子どもももちろん楽しむと思うけど、さらにはお母さん方の共感を呼ぶかも!?

  • 2013/07/02 1-2

  •  ちいさなレストランのかべにかざられた絵の中の人物『タベールだんしゃく』お店がしまった真夜中、タベールだんしゃくは、絵の中からこっそりぬけだし…。

  • 食べ過ぎたら、額にもどれない?入らないから?

  • とあるレストランの壁にかざられた紳士の絵。紳士の名前はタベール男爵。この絵にはちょとした秘密がある。お店が閉まり、真夜中になると、なんとタベール男爵は絵から抜けだし、レストランの食べ物をつまみ食いするのだ!
    でもある日、ついつい食べ過ぎて、絵の中に入れないくらいに太ってしまい!?


    やせるために、タベール男爵はいろんなことをします。
    こんな夜中のレストラン、困るけど楽しい!

  • レストランに飾られた≪タベール男爵≫の絵は、夜になると抜け出して、余ったご飯を食べていた。
    が・・食べ過ぎて額縁に戻れなくなってしまう!
    そこで・・歌ったり踊ったりしてダイエットを行うが、結果はいかに!

  • 兄むけに借りたのだが2歳にもうけている。
    いっぱい食べちゃって大丈夫?かなぁ…

  • ありそうなお話ですが、

    ダイエットに励むだんしゃくの姿に笑ってしまいます。

    最後のだんしゃくのズボンのありかにもまた笑う。

    背表紙にもお話が続いている感じでした。

  • レストランに飾られた男爵の絵。夜になると男爵は抜け出してごちそうを食べるけれど、太って額縁に入れなくなるというおはなし。

全12件中 1 - 10件を表示

さかもといくこの作品

ツイートする