わんぱくだんのかいていたんけん

制作 : 末崎 茂樹 
  • ひさかたチャイルド (1996年6月1日発売)
4.00
  • (13)
  • (13)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893255891

わんぱくだんのかいていたんけんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドルフィンランドと 海を守った わんぱくだん!!

  • 3歳6ヶ月男児。
    今回は庭のビニールプールからドルフィンランドへ。
    なんとなく井の頭動物園に似ている園内。イルカのアイス屋さんがあって、色とりどりのアイスが美味しそう。
    ママの髪の毛のゴムに似たやつでドルフィンランドを救って、めでたしめでたし。

  • なんでプールが海になったの?

  • この本には、ふしぎがたくさんあるので、みんなによんでもらいたいです。

  • 3歳8ヶ月。
    相変わらずこのシリーズはおもしろいようで、
    読み終わった直後に「もう1回読む」と言われる。

  • (2013-05-08N)

  • 長女:4歳3ヶ月。

    長女 ★★★★☆
    ママ ★★★★☆

  • わんぱくだんは、いつも、最後に何を持っているのか気になりますね。

  • わんぱくだんシリーズ。
    お庭のプールでもぐりっこしていた3人組。気がつけば、プールが海の底につながっていました。
    仲良くなったイルカに連れてきてもらったドルフィンランド。楽しいドルフィンランドだけど、イルカたちは海に穴があって、海の水が吸い込まれてなくなってしまうと心配していました。小さな海の穴だけど、それをふさぐぴったりの物がない、と。
    くみは自分の髪ゴムの黄色い飾りを海の穴にはめると、それがぴったり!3人は海を、地球を救ったのです。
    イルカとお別れしてプールにもどった3人。夢じゃない証拠に、くみがもらったイルカの貝殻の飾りがありました。

  • このシリーズ面白い。
    すんなりと非現実の世界に入っているのが好き。

    なんとなく、絵本版岡田淳って感じ。

全13件中 1 - 10件を表示

ゆきのゆみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長谷川 義史
酒井 駒子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする