ぶひぶひこぶたものがたり

著者 :
  • ひさかたチャイルド
3.82
  • (3)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893257048

作品紹介・あらすじ

ぶたのかあさん、あさからおおいそがし。だってこどもが14ひきもいるんだもの。そんないそがしいかあさんのいちばんうれしいことってなあに。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かわいすぎる(><)
    小さな子どもにはもちろん、
    子育てをがんばっているお母さんにも贈りたくなる1冊ですぶひ。

  • 4歳になったばかりの子が自分で声をだして読んでいました。自分で読み始めるのにはちょうどよい本です。

  • かあさんの子供を愛する気持ちがほのぼのと伝わります。優しい絵も好きです。

  • ぶひぶひー

    14ひきのこぶたとお母さんの話

    お母さん大変

  • 2分8秒。お母さんの本音にせまる絵本。毎日の幸せが伝わる。

  • 良い本です。母親としての思いが、とっても詰まって、しかもぶたさんらしい表現が上手いです。困るとき、がっかりするとき、びっくりするとき、うれしいとき…それぞれの情景描写が上手くって、絵もほのぼのさせてとても良かったです。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

かさいまり/作・絵 北海道生まれ。日本児童出版美術家連盟会員。日本児童文芸家協会会員。心の動きを丁寧に表現した子どもの本をつくりつづけ、子どもから大人まで人気を得ている。「こぐまのクーク」シリーズ(角川つばさ文庫)、『さよなら またね』『あえたらいいな』など絵本多数。

「2018年 『クークの森の学校 友だちって、なあに?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かさいまりの作品

ツイートする