あめふりくまのこ (雨×うた×おはなし【2歳・3歳・4歳児の絵本】)

著者 :
制作 : 高見 八重子 
  • ひさかたチャイルド
3.75
  • (7)
  • (10)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 119
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893257772

作品紹介・あらすじ

しとしと降る雨の中、いたずらくまのこが過ごす時間は小さな楽しみにあふれて…。家庭で、保育の現場で、長年うたい継がれてきた、名曲「あめふりくまのこ」。歌の世界が広がる、しっとりと美しい童謡の絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/07/03 1年生(2018年度)

  • 1歳1か月、2か月

    うたの内容が、絵になっていて楽しめた。
    絵もやさしくて、かわいい。
    何度も見ていた。

  • あめふりくまのこの童謡絵本
    かわいい絵でこどもたちのお気に入り

  • ◆きっかけ
    図書館 梅雨前だからかな、あめの絵本のコーナーがあって。前から気になっていた本がちょうどあって借りてみた。
    ◆感想
    2歳0ヶ月。歌いながらページをめくる。歌詞ってこれで終わりだっけ??娘もじーっと聞いて、終わるともう一回!と次は自分でめくる。の様子が、いつもの絵本とは違って雨なので新鮮。カタツムリも出てくるし、蝶々も葉っぱの裏で雨宿りしてる。カマキリには娘興味示さず。
    ピアノの伴奏譜が付いていたので、ひとしきり歌ったらピアノで弾きながら歌ってみた。娘もポンポン鍵盤叩いて楽しそう。簡単かつ綺麗なアレンジで好き。覚えてこれからも弾こう&歌おう。これからの梅雨の日にぴったり。2017/5/24
    →歌詞、ググったけどやはりこれで全部みたい。

  • 大好きな歌です。歌が長いので1番で終わるのが残念。

  • 童謡で有名なあの“あめふりくまのこ”の歌詞そのままの絵本で、歌いながら進めると、本当に盛り上がります!
    優しい気持ちになるこの歌の言葉が、絵と相まって心に染みわたります。

  • 懐かしくて読んでみました。
    読んでる最中にメロディーが思い出せなくて…。
    自分の記憶力低下を実感した一冊です。(苦笑)

  • 作詞:鶴見 正夫 , 作曲:湯山 昭 , 絵:高見 八重子 。図書館本。子供の頃、よく歌った歌の絵本を見つけて貸出し。

  • 雨が降ってきて、小川が出来る。
    くまの子は魚が泳いでいないか覗くけれど見つからない。
    ずっと見ているけれどいない。
    葉っぱの傘をさしてお母さんのところへ戻る。

    楽譜もついているので、文章ではなく、詩、歌らしい。
    有名らしいけれど、知らない。

    くまの絵が好き嫌い別れる感じではあるけれど、詩の内容は優しくあったかい感じ。


    追記
    17年7月16日
    一度読んだと気づかずもう一度読んでしまった。
    今では「あめふりくまのこ」は好きな童謡の一つ。
    ゆっくりとした曲調がかわいくて好きだ。

  • 歌を歌いながら絵本を見せた。絵がかわいくて良い。

全17件中 1 - 10件を表示

あめふりくまのこ (雨×うた×おはなし【2歳・3歳・4歳児の絵本】)のその他の作品

鶴見正夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
かがくい ひろし
長谷川 義史
A.トルストイ
なかの ひろたか
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする