おばあちゃんのこもりうた

著者 :
  • ひさかたチャイルド
3.83
  • (2)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893259035

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 年中さん

  • おばあちゃん冥利につきる!
    私も、娘の子を守りするまで、元気でいるぞ〜!

  • 図書館で借りてきて。

    長野さんにハマった私がチョイスしたのだけど
    ちょうど里帰り出産中で
    もう色々とこみあげるものが…
    娘と実母の姿が重なって
    産後ということもありボロボロ泣いてしまった。

  • 色彩豊かで明るい挿絵が、どのページにもいっぱい。
    「すずちゃん」の家では、両親が働いているため、昼間はおばあちゃんとふたりでお留守番。
    さほど場面展開はないので、部屋の様子が細かに描かれている。
    小さなお子は、それだけでも安心して読めそうだ。

    さて、大好きなおばあちゃんがどうやら具合が悪そう。
    そこで「すずちゃん」は、一生懸命お世話することになる。
    ところが、何をしても拙くて、たどたどしくて見ていられないほど。
    それでよけいに「すずちゃん」のおばあちゃんを思う気持ちが伝わってくる。
    ああ、こういうことって、子を持つ親ならきっと経験済みだろうなぁ。
    子どもって、大人が思うよりもはるかに、こちらのことを思ってくれてるのだ。
    もちろんこちらは見返りなんて一切期待することもなく(当たり前!)子育てしているから、ほんのわずかの孝行でも、涙腺が緩んでしまうというもの。

    いつもおばあちゃんが歌ってくれる「ねんねんころりよ おころりよ・・♪」を、「すずちゃん」が今度は歌ってくれる。
    そう言えばこの歌、私はどこで覚えたのだろう。
    たぶん母親が歌ってくれていたに違いないのだが、記憶をたどってみても思い出せないくらい昔のこと。
    でもそれは、きっと幸せなこと。
    身体の奥に染み付いた記憶で、誰かのために何か出来るなら。
    わが子も、この歌を引き継いで歌っていくのだろうか。

    心がぽっとあったかくなる、可愛い小さなお話。
    約6分。3,4歳から。

  • 具合が悪いおばあちゃんのために一生懸命な寿々ちゃんの様子がほほえましいです。
    また、すずちゃんがおばあちゃんのためにうたった子守唄をきいておばあちゃんは自分が子どもだったころにことを夢にみます。そのあたりの部分がとても印象深いです。

  • ほのぼの温かい。
    息子が保育園児の時、ダウンしている私のおでこに、びしゃびしゃのタオルをかぶせてくれたのを思い出した。
    あれはうれしかったなぁ。

  • 孫とおばあちゃん、おばあちゃんのおばあちゃん。ほっこりなるすてきな絵本です。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

奈良県生まれ。昭和女子大学名誉教授。児童文学評論、民話研究、創作と幅広く活躍。絵本に『おじいちゃんのごくらくごくらく』『まよなかのたんじょうかい』『ミツバチぎんのおくりもの』(以上、鈴木出版)、『お母さん、ひらけゴマ!』(ポプラ社)など多数。

「2019年 『マラソンじいさん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西本鶏介の作品

ツイートする