あおい木

著者 :
制作 : 林 健造 
  • ひさかたチャイルド
3.00
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784893259189

作品紹介・あらすじ

たったひとりでふかい森に入っていった「ぼく」が見たものは…。一本のあおい木に導かれて、別の世界へ入り込んでいく「ぼく」。その幻想的な体験を通して成長する心を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんだかスーッと入ってきて、スーッと出て行ってしまった。

  • 詩のようなお話

  • 木のあおから空のあお、空のあおから海のあおへの場面転換が幻想的で、ふしぎな印象の絵本。
    万人受けはしないかもしれないけど、読んでみたい。
    5、6分。

  • 感覚がふかーい、絵本。絵自体は水彩画でカラフルながらもぼかしたり、光の強弱を多用している。青…空や海において、それぞれ鳥として空を飛び、鳥と話をし、魚として海を泳ぎ、魚と話をし、大局を見ることができるような成長をする主人公の話。

  • 僕は森の中を歩いていた。あれ?向こうに見えるのは青い木?近づいてみるとそれは…きれいな青色の中を旅してさわやかな気持ちに。
    (i44)

全5件中 1 - 5件を表示

中村牧江の作品

ツイートする