ボヘミアンガラス・ストリート〈第1部〉発熱少年

著者 :
  • アスペクト
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893663344

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ボヘミアンガラス・ストリート」は、平井和正版「気まぐれオレンジ・ロード」とでも呼ぶべき作品です。
    最初に読んだ時は、それまでの作品との違いが気になって挫折してしまいましたが、今回は何とか読み通しました。今回は最後まで読み通せるかなあ。

  • この作品が、「きまぐれオレンジ・ロード」に影響されて書かれていると聞いて読んでみたが、影響というよりそのままじゃないかと思った。キャラクターの面ではもちろん文体すらそうだった。だからだろうか、読んでいるうちに自分でオレンジ・ロードの番外編を読んでいるつもりで読んでしまった。
     第一巻であるせいか非常に展開がはやいように思った。円自身の多様な形での人物像が現れてくることと、蛍と小雪の人物の変化がめまぐるしかった。このように見ると、主人公の円自身はオレンジ・ロードの主人公と似ている側面をあまり持っていないような気もする。

  • 幻魔大戦で有名な平井和正さんの作品。
    出版社が出版社なので、ある意味知る人ぞ知る的な本じゃないかなーと思ったり。

    著者いわく、気まぐれオレンジロードとめぞん一刻をオマージュした最高の恋愛作品。

    今はどうやったら手に入るのやら。

  • なんか久しぶりに読んだ平井さんの作品。
    ま、知っての通り、あれのオマージュww

    でも、この人の作品は本当にいい感じでイメージが湧いて来るので嬉しいw

  • うわ〜,気まぐれオレンジロードとそっくりな登場人物。はたしてどうなるのか,これは。本当にSFなのか。

全5件中 1 - 5件を表示

ボヘミアンガラス・ストリート〈第1部〉発熱少年のその他の作品

平井和正の作品

ツイートする