流しのブルペンキャッチャーの旅

著者 :
  • 白夜書房
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893679123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔発行された本を今読み返すのも楽しい。

  • 「野球小僧」で連載している取材の書籍化。
    今ではプロの一軍マウンドに立つ一流選手も数多く出てくる。
    受けたボールのこともだが、その際のインタビューでの受け答えの内容や、言葉には出さずとも漏れ伝わる選手の思いや性格なんかもよく観察されていて非常に興味深い。

    そして、今と比べてみるのもおもしろい。
    もうね、寺原(横浜)とかほんと可愛いから。
    対して久保田(阪神)なんて可愛げないったら(逆にそこが可愛いとも言えるけど)
    そしてそんな久保田のフォロー役みたいになってる小野寺(西武)が微笑ましい。
    泉(元ヤクルト)のとこなんて、読んでて涙出ちゃった。いろいろあったんだねぇ…。

    投球内容については未経験の私には評価は無理だが、それだけのものを持っていながらプロでなかなか芽が出ないのは何故なんだろうと、そんなところにも興味が湧く。

    野球ファンにはオススメ。
    ちょっと古い発行(2003年)だけど、だからこそ懐かしさも相まって楽しめる。

全2件中 1 - 2件を表示

安倍昌彦の作品

流しのブルペンキャッチャーの旅を本棚に登録しているひと

ツイートする