笑芸人 (Vol.15(2004秋号))

著者 :
  • 白夜書房
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893679772

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小劇場を中心に演劇・舞台が主なメインとなっている。<br>結構情報も網羅されているし、芸人について明確な記事を書いてくれてる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1948年6月25日、東京都渋谷区生まれ。日本大学藝術学部放送学科卒業。放送作家の塚田茂に弟子入りし、「スタッフ東京」設立に参加。1973年、『ひらけ!ポンキッキ』で放送作家デビュー。その後、『笑ってポン!』『スターどっきり(秘)報告』『夜のヒットスタジオ』『オレたちひょうきん族』『三波伸介の凸凹大学校』などを手掛け、1981年放送開始の『ビートたけしのオールナイトニッポン』は社会現象ともなった。1983年立川談志の落語立川流Bコースに入門。その後、立川 藤志楼として真打に昇進した。1989年放送開始の『ラジオビバリー昼ズ』は現在も続く人気番組となっている。著書に『だから私は笑わせる』『民夫くんと文夫くん あのころ君はバカだった』(景山民夫氏との共著)『正しい団塊の世代白書』『ビートたけしの三国一の幸せ者』(ビートたけしとの共著)『笑芸日記 一九九六-二〇〇五』『ビートたけしのオールナイトニッポン傑作選!』『大衆芸能ざんまい 娯楽・極楽・お道楽』(1~4巻)『ニセ夫婦漫才 笑いひと筋23年  信頼のラジオビバリー昼ズ』など多数。そのほか『落語ファン倶楽部』の編集人も勤めるている。

「2017年 『誰も書けなかった「笑芸論」 森繁久彌からビートたけしまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高田文夫の作品

ツイートする