宗教学のエッセンス―宗教・呪術・科学

著者 :
  • 北樹出版
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893843241

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大学時代に、この著者の芦名先生の授業を受けていましたが、授業のたびに知的興奮を感じていたのを思い出しました。
    オットーのヌミノーゼの二面性、エリアーデのヒエロファニー、世界軸と三層構造、民族統合の意味づけとしての神話、などなど。
    宗教学について体型的に書かれているので、一冊持っておきたい本です。

  • 太陽に向かって飛ぶ鷹が美しい装丁です。

    前半は宗教学における神話、儀礼、歴史などを紐解き、後半はキリスト教考察です。
    儀礼と祭研究を目当てに購入。とても役に立ちます。基本的かつ不変的な学術が分かりやすく論述されてます。

    薄い本なので、研究される方にとってはむろん大不足でしょう。しかし各ジャンルのおすすめ【ブックガイド】が章末にあり、これがまた役立つ。買って損しないはず。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1956年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程(キリスト教学)指導認定退学。京都大学博士(文学)。現在、京都大学大学院文学研究科教授。

「2018年 『神についていかに語りうるか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

芦名定道の作品

宗教学のエッセンス―宗教・呪術・科学を本棚に登録しているひと

ツイートする