教育基本法を考える―その本質と現代的意義

  • 北樹出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893847959

作品紹介・あらすじ

教育基本法をめぐる関心は、教育改革国民会議の「中間報告」(2000年9月22日)が「国民的論議を」と呼びかけたこともあって、現在、高まりを見せている。こうした中で、教育基本法の本質と現代的意義を論じた本書が、教育改革国民会議とは異なる意味での「国民的論議」を呼びかける結果となったのは、編者の望むところでもあった。このたび、教育基本法3条を大幅に書き換えるとともに、新たに索引を加え、さらに全体にわたって若干の補正を行い、改訂版とした次第である。

著者プロフィール

立正大学名誉教授

「2019年 『ハンディ教育六法 2019年版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

教育基本法を考える―その本質と現代的意義のその他の作品

浪本勝年の作品

教育基本法を考える―その本質と現代的意義を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする