現代の幼児教育を考える

  • 北樹出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893849106

作品紹介・あらすじ

本書の特色として第1点は、他の「考えるシリーズ」と同じく、幼児教育についての基礎的・原理的考察を基盤にして、現代幼児教育の諸問題にアプローチしようとしていることである。第2点は、乳幼児期の家庭教育及び地域社会における教育と関連づけつつ、幼稚園・保育所が直面する諸問題について多角的に考察しようとしていることである。第3点は、現代日本の幼児教育の動向を、歴史的・世界的な視野の中で構造的にとらえようとしていることである。とくに、幼児教育史上の主要項目については、解説を付して理解しやすいように工夫した。

著者プロフィール

2017年11月現在
熊本学園大学社会福祉学部教授

「2018年 『現場から福祉の課題を考える 子どもの豊かな育ちを支えるソーシャル・キャピタル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

現代の幼児教育を考えるのその他の作品

現代の幼児教育を考える 単行本 現代の幼児教育を考える 伊藤良高
現代の幼児教育を考える 単行本 現代の幼児教育を考える 伊藤良高

伊藤良高の作品

現代の幼児教育を考えるを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする