犬と鳥と約束の丘 (POE BACKS オリジナルBLコミックス)

著者 :
  • ふゅーじょんぷろだくと
2.93
  • (2)
  • (6)
  • (23)
  • (11)
  • (1)
本棚登録 : 143
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784893936820

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 表紙が素敵だったので買いましたが、話はあまり好みではなく。
    短編なのである程度仕方がないとはいえ、みんな惚れっぽいというか、各キャラの心情が唐突で読んでるこっちが置いてけぼりになりました。
    甘めの話が好きな人にはいいかもしれません。

  • えっと、何かこういうパターンが多くレビューになってなくて申し訳ないのですが、この作家さんは好きなんです。
    「羽化」がとても良かったのですが、これはちょっと不得手かも。
    擬人化がそこまで得意ではないというのもあるんですが、表題作と何か蜂の話が何というか、若い子が好きそうな設定物っぽい雰囲気で読んでいてちょっと気恥ずかしくなってしまいました。作者さん、すみません。
    その後のハロウィーンの話あたりはまあ好きかなあと思うのですが、感覚がお若い作者さんなのかなと思った次第であります。
    あ、「図書館の主」は普通に好みでした!好みの眼鏡。これはたまらんです。
    「羽化」や「図書室の主」みたいな話は読みたいですが、蜂の方がお得意だったら次はどうしようか悩みます。

  • 素敵な表紙とタイトルに惹かれて。最初、「擬人化なのかな」と思いつつ状況を理解して入り込むのに少し。短編集。素朴な、でも素朴だけでもないかな、絵もストーリーも。ふわふわ感や「ん?」感があったけど、読んでよかったかな。もう少しこなれてとっ散らかった感がなくなったらすごくいいかも、なんて思ってしまいました。「Sweet Honey Bee」だけ絵柄がちょっと違う気がする(好き)。ミツバチ擬人化だとつい有名な古いアニメが頭をちらついて困った(笑)いや全然似てないけど。すごく気になることが。確かミツバチって女王蜂不在の時に働き蜂が女王化することがある、んじゃなかったけ?もしそうだとしたらこのラストは夢がひろがりんぐな感じなんですけど…!あ、なんか萌えてきた(遅

  • 短編6作入り。

    表題作はちょっと物足りないですが、カラスも一概に悪者には出来ないなと。
    キラキラに反応する不良カラスwとちびカラス達がカワイイ♪

    ABABA的には「たばこ屋通りカフェオレ番地」「図書館の主」が好み。

  • 又吉さん流に言うと今はまだ自分が読むべき時期ではないのかなって感じですね。時間をおいて読んでみると又ちがった感想になるかもですが…。ごめんなさい。

  • あったかい感じとか魅力的な表情とか上手なのに、とにかくページ数が足りないような、ストーリーの背景や重みがないようなお話ばかりだと思った。

  • 表題作は犬とカラスの擬人化物語。
    なんだかほんわりと暖かい感じのお話で、なかなかよかった。
    自由に空を飛び回れるカラスに憧れる犬。ハヤブサという名前にコンプレックスをもってるのとか、かわゆいです。

  • おお、表題作擬人化だったのか。表紙の雰囲気にひかれてゲットですよ~。アナログ絵はやっぱ柔らかくていい。
    内容も安定して読めましたが、全体的に直接的なエロシーンはないものの惚れっぽい人達というか…どのカップルもややいきなりな印象。BLの短篇集てそうなりがちですけども。惚れっぽいのはアリだけど、個人的にはもーちょっと前フリの長いのを読んでみたいな

  • 半分擬人化だった。犬と烏てどうやんだ。そこだけ人間?とかご都合が気になっちゃった。擬人化てうまくやんないとそういう細かいとこが気になってしまう。自分が属性ないからだろね。で人間の話は余りにも過程すっ飛ばしの更にご都合展開にえぇぇぇ!と。特にハロウィンの都合よすぎて吹いたw最後の話読んだ事あるんだけど何でですか!商業未発表なのに。記憶ない!

  • 絵は好き。
    中身はほとんど擬人化。
    思ったより萌えなかった。エッチシーンで現実に考えてしまったからかな。

全14件中 1 - 10件を表示

山田ロックの作品

ツイートする