ウミガメさいばん (ぽっぺん先生のどうぶつ日記)

著者 :
  • パロル舎
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784894192355

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぽっぺん先生が海辺の潮だまりに行くと、ウミガメが裁判を行っていた。
    みんな人間の出したゴミの被害者になっていた。
    ぽっぺん先生は人間や他の全ての生物は海から生まれていて、人間も海とは切り離せられない関係なので、親戚のような生き物たちの住処を粗末にするなんてばちが当たる、と言う。
    人間が班犯人だと分った海の生物たちは先生にばちをあてることにしたのだった。
    溺れかけるぽっぺん先生を助けてくれたのはクジラだった。

    海の生命の進化をアメーバから簡単に説明。
    人間の体内の水分が7割で、海と陸の割合も7:3、血液も海のような塩分、胎内も海の水とほとんど同じ成分。
    不思議だなあ。
    クジラやジュゴンが一度陸に上がって、また海へ戻ったとは知らなかった。
    そういう進化を辿った生物がいたことすら。

    ウミガメというか、不思議の国のアリスを思い出す…。

  • 図書館でかりました。
    ぽっぺん先生のどうぶつ日記〈4〉

  • パロル舎

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

舟崎克彦  東京都生まれ。学習院大学卒業。白百合女子大学教授。「ぽっぺん先生」物語シリーズ(岩波書店)で路傍の石文学賞、『雨の動物園』(岩波書店)で国際アンデルセン賞を受賞。作品に「日本の神話」シリーズ(あかね書房)他多数。

舟崎克彦の作品

ツイートする